[ai] 神は強い武器によって人々を救うのではない! | ペパーミントパラダイス

[ai] 神は強い武器によって人々を救うのではない!

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日は、

「神は強い武器によって人々を救うのではない!」

というお話をしたいと思います。

よろしければお付き合い下さい。

ダビデとゴリアトの話

わたしがこのことを学んだのは、
旧約聖書のサムエル記上17章。

有名なダビデとゴリアトの戦いの場面が
描かれた箇所です。

概要は下記記事をご参照のこと。

[ai] サムエル記上 17章 ダビデとゴリアト

※世間一般には「ゴリヤテ」と言った方が
しっくりくるかもしれませんが、

わたしが読んでいる新共同訳聖書では
「ゴリアト」となっているので、ここでは
「ゴリアト」と表記させていただきますね。

羊飼いのダビデが、
大男のゴリアトに杖と投石器のみで
立ち向かい、

見事石を額に打ち込んで勝利する、
有名な箇所です。

ダビデと対峙したゴリアトは、
自分たちの神々によってダビデを呪い、
「お前を空の鳥と野の獣の餌にしてやる」
と言い放ちます。

そんなゴリアトに、ダビデは

「主は救いを賜るのに剣や槍を必要と
されないことを、ここに集まったすべての者は
知るだろう」(47節)

と言いました。

神は強い武器によって人々を救うのではない!

強い武器が自分たちを守ってくれると
思っている人は、たくさんいると思います。

武器は使わなくても、
持ってさえいれば周りが恐れるから
誰にも攻撃されずに済む。

だからとにかく強い武器を持って、
攻撃されないようにしたい。

そんな恐れから武装したり、
武装したがる人はたくさんいます。

牧師やクリスチャンにもいます。

でも、このみことばを読むと、
その発想は、少なくとも聖書の教えには
反しているように思えてなりません。

神様が人を救うのに、
強い武器は必要ないのですから。

少なくともその神様を信じている人間が、
強い武器による抑止力を欲しがるのは、
何だか矛盾しているなぁと
感じざるを得ません。

全能の神様ではなく、
人の作った武器に依り頼んでいるように
思えてなりません。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







[ai] 神は強い武器によって人々を救うのではない!
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク