[ai] サムエル記14章 無闇に断食の誓いをしてはいけない! | ペパーミントパラダイス

[ai] サムエル記14章 無闇に断食の誓いをしてはいけない!

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

サムエル記上14章を読みました。

概要は、下記記事をご参照のこと。

[ai] サムエル記上 14章 ヨナタンの英雄的な行動
こんにちは^ ^ ペパーミントあいです。 今日はサムエル記上14章を読みました。

ヨナタンの果敢な行動により、
見事、強敵ペリシテ人に勝利したイスラエル。

でも一方では、
サウル王の無謀な断食の誓いによって、
兵士たちは疲れ果ててしまいました。

そんな誓いを立てなければ、
奪った家畜をすぐ屠って食べて、
ますます元気になってより大きな勝利に
なったかもしれないのに。。。

わたしの読んでいる解説書では、

「無闇な苦行の誓いはかえって
周りに罪を犯させる危険がある」

と警告していました。

確かにサウル王の兵士の一部は、
あまりにお腹が空きすぎて、

血を抜かないまま
肉を食べてしまいましたからね。

血を食することは
明らかに律法に反しています。

サウル王にはそれ相応の考えや理由が
あってのこととは思いますが、

むやみやたらに断食の誓いなど
してはいけないです。

人に押し付けるのは、もっと危険。

「断食の祈りは聞かれる」とか
「徹夜の祈りは聞かれる」とか、

何かと苦行を伴えば伴うほど
熱心な祈りと見なされて聞かれるんだ、
と教えてくる教会もありますが、

安易に苦行を勧めてくるところは、
ちょっと、注意した方がいいかもしれませんね。

それ自体が間違いというわけではないのですが、
そういう教えをノリや勢いでしちゃう先生は、
物理的に大事な説明をすっ飛ばしていることも
多いですm(_ _)m

そもそも神様は、そういうお祈りでないと
本気でないと見なすような方ではありません。

神様に本気度をアピールするための
徹夜や断食になってしまっては、
意味がありません。

こういったお祈りは、
それくらい祈らずにはいられない人が
すべきことだと思います。

もしどうしても断食祈祷したければ、
ちゃんと専門家の方の指導を受けて
行って下さい。

キリスト教の断食祈祷道場などもありますから、
気になる方は、探してみて下さいね^ ^

徹夜祈祷も当然、
翌日は眠くなることは覚悟の上で
行って下さい。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







[ai] サムエル記14章 無闇に断食の誓いをしてはいけない!
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク