[ai] 神はご自身の偉大な御名のゆえに、ご自分の民を決して捨てない | ペパーミントパラダイス

[ai] 神はご自身の偉大な御名のゆえに、ご自分の民を決して捨てない

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日はサムエル記上12章を読みました。

概要は、下記記事をご参照のこと。

[ai] サムエル記上 12章 サムエルの告別の辞
こんにちは^ ^ ペパーミントあいです。 今日はサムエル記上12章を読みました。

年老いたサムエルが、
イスラエルの民に最後の訓戒の辞を
述べる章です。

訓戒の主旨は
「王も民も偶像崇拝せず神に仕えなさい」
というもの。

もし神様に従わず、偶像を拝むなら、
先祖に降った裁きはあなたたちにも降りますよ、
という厳しい警告でした。

でも一方で、
「神はご自身の偉大な御名のゆえに、
ご自身の民を決して捨てない」

とも言いました。

イスラエルが神様を裏切っても、
どんなに悪いことをしても、
決して捨てることはない、と。

事実、裁きが降って敵の手に渡される
ことはあっても、

今日までイスラエル人は
滅びませんでしたからね。

国家としては何度も崩壊して、
イスラエル民族時自体がなくなっても
おかしくないことは歴史上多々あったのに、

散り散りになった民が
再び集まって国家を形成する、
って、凄いことですよね。

そこに神様の力が働いていることを
思わされます。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







[ai] 神はご自身の偉大な御名のゆえに、ご自分の民を決して捨てない
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク