[ai] サムエルが年老いた時、人々が求めるべきは本当に王様だったのか? | ペパーミントパラダイス

[ai] サムエルが年老いた時、人々が求めるべきは本当に王様だったのか?

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日はサムエル記上8章を読みました。

概要は、下記記事をご参照のこと。

[ai] サムエル記上 8章 民、王を求める
こんにちは^ ^ ペパーミントあいです。 今日はサムエル記上8章を読みました。

サムエルが歳を取り、
跡を継いだ息子たちは不正を行う
バカ息子。

このことに不安を覚えたイスラエルの民は、
他国と同じように、イスラエルにも王を
立ててくれとサムエルに頼みます。

この「他国と同じように」が、
非常によくありませんでした。

イスラエルには神様という指導者が
いるはずなのに、

神様に選ばれたイスラエルが、
「他国と同じように」なることは、
決して神様のみこころではありませんでした。

サムエル記の2つ前の士師記では、
イスラエルが悪を行い、
それゆえに神様の裁きが下って苦しみ、
悔い改めて神様に助けを求めるけれど、

神様が遣わした士師が死んだら
また悪を行う、ということを繰り返して
いましたが、

同じことをここでも繰り返していますね。

人々は神様ではなく、
目に見えるサムエルについてしまったから、
サムエルが歳を取ると
不安になってしまったのです。

不安な時こそ
神様に助けを求めるべきだったのに、

サムエルの代わりに偶像視する人を
求めてしまいました。

8節で神様は

「彼らをエジプトから導き上った日から今日に至るまで、彼らのすることといえば、わたしを捨てて他の神々に遣えることだった。あなたに対しても同じことをしているのだ」

と言われていますが、
まさにその通りですね。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







[ai] サムエルが年老いた時、人々が求めるべきは本当に王様だったのか?
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク