[ai] 説教から学んだことがまんま自分の身に降りかかった10月 | ペパーミントパラダイス

[ai] 説教から学んだことがまんま自分の身に降りかかった10月

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

2016年10月の日曜礼拝から学んだことを、
改めて振り返りたいと思います。

スポンサーリンク




10/3 チャレンジの連続だった天野先生の説教 by 天野弘昌 主任牧師

[ai] チャレンジの連続だった天野先生の説教

偉そうに批判して申し訳ないのですが、
みことばが全然主役になっていない説教でした。

改めて感想ブログを振り返ると、
「悪いことだとは思わない」とか、
いちいち言い方がトゲトゲしいですね(^_^;)

もちろん、これは私が受けた感想なので、
同じお話を聞いて「感動した!素晴らしい!」
と思われた方もおられたと思います。

でも、私にはただひたすら
不満が残る説教でしたm(_ _)m

ちなみに、上記ブログの後半で言っている
「交流分析に詳しい牧師」とは、
私の父の古川第一郎です。

事前に父の昔の講演を聴いていなければ、
きっと最後まで不満たらたらだったと
思います(^_^;)

10/11 神様と人々とのギャップに立つ

[ai] 神様と人々とのギャップに立つ by 林幸司 牧師

信仰による価値観と世の中の価値観に
ギャップを感じて板挟みになった時、
どうすればいいのか?

というお話でした。

個人的には、
私が目指したいクリスチャン像や
理想的な伝道と、

教会が求めてくる(ように感じる)
クリスチャン像と伝道の仕方への
ギャップをまざまざと突きつけられました。

そのギャップがどのようなものかは、
その前の週の天野先生の説教への
不満を読んでいただければ、

何となくお分かりになるかと思います(苦笑)

10/16 詩篇5篇 早朝の祈りについて by 里美和 伝道師

[ai] 詩篇5篇 早朝の祈りについて

メイン礼拝は苦手な「伝道しろ」系の
メッセージに偏りがちなので、
この日は早朝礼拝に参加(苦笑)

まず、伝道しろ系のお話でなかったことに
ホッとしました(^ω^)

詩篇5編のダビデの祈りを通して、
祈りについて基本的なことを学びました。

10/16 詩篇5篇6節 世の中の多くの人は偽りに惑わされ、不義を行なっている! by 里美和 伝道師

[ai] 詩篇5篇6節 世の中の多くの人は偽りに惑わされ、不義を行なっている!

同日の美和先生のお話なのですが、
記事を分けさせていただきました。

同じ日のお話で、
神様の持っているものは真理と真実、
悪魔の持っているものは偽りと不義で
あることを学びました。

そして、悪魔は偽りを用いて人を惑わし、
不義を行わせていることも。

「戦争には反対だ!」と言いながら
「自衛のための武力行使は構わない」とか
「限定的な武力行使なら構わない」と言う人は、

まさに、偽りに惑わされて不義を正義だと
信じているように思えてなりません。

いくら聖書を読んで真理を知っていても、
真実も知らないと、人は簡単に惑わされる
ものなのだなと思いました。

詩篇5篇11-12節 世の中の喜びと主による喜び by 里美和 伝道師

[ai] 詩篇5篇11-12節 世の中の喜びと主による喜び

こちらも同日の美和先生のお話の中に
出てきたことです。

記事を分けさせていただきました。

世の中の喜びと主による喜びについて学びました。

そして、強いクリスチャンになるには、
主による喜びが必要であることも。

強いクリスチャンはいつでも主が共に
いて下さることを知っているから、
いつでも主による喜びを覚えることが出来る。

だから強い。

世の中には主による喜びから引き離そうとする
ものがたくさんあるけれど、

私たちは神様は見えなくなってしまっても、
神様はちゃんと共にいて下さることを
覚えておくことが出来れば、
主による喜びを思い出すことが出来る。

そう学んだ2週間後に、
まさにそのことを本当に理解出来たのか、
試されるようなことが起こりました。

タラントのたとえから学ぶ、祈りとみことばの重要性

[ai] タラントのたとえから学ぶ、祈りとみことばの重要性

聖書に出てくる有名なタラントのたとえ。

自分に与えられた賜物をどれだけ生かしたかが
問われるたとえ話ですが、

この日はこのたとえを通して、
毎日のディボーション、
祈りとみことばに触れることの重要さを
学びました。

日々のディボーションを怠ると、
だんだん神様が遠ざかり、
神様が見えなくなります。

そして、この1タラントしもべのように、
神様が搾取するひどい方のように
思えてきます。

結果、霊的に死んでいきます。

だからちゃんと日曜礼拝もディボーションも
守りましょうね、と、
かっこよく締めたのですが、

私はその翌日に風邪を引き、
翌々日に熱を出し、
よく翌々日には完全に体調を崩して
しまいましたm(_ _)m

ディボーションする元気もなくなってしまい、
それから1週間ほど精神が病んで
過ごしましたm(_ _)m

祈りとみことばに触れていないと、
精神ってこうも参るのかと
思いました。。。

同時に、体が弱ると心も弱ることも。

日々のディボーションを怠っては
いけないことを、
身をもって学びました。。。

風邪を引いた時も出来る範囲でいいから、
祈りとみことばに触れる方法を考えた方が
いいですね……。

以上、ペパーミントあいがお届け致しました。