[ai] サムエル記上 1章 心の内を神に注ぎ出すと晴れやかになる! | ペパーミントパラダイス

[ai] サムエル記上 1章 心の内を神に注ぎ出すと晴れやかになる!

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

サムエル記上1章を読みました。

概要は、下記記事をご参照のこと。

[ai] サムエル記上 1章1-20節 サムエルの誕生
こんにちは^ ^ ペパーミントあいです。 今日はサムエル記上1章を読みました。
[ai] サムエル記上 1章21-28節 ハンナ、サムエルをささげる
こんにちは^ ^ ペパーミントあいです。 今日はサムエル記上1章21-28節を読みました。

サムエルはサウルとダビデに油を注いだ預言者

サウルやダビデに油を注いだ預言者であり、
最後の士師であるサムエルが誕生する章です。

サムエルは子供の出来なかったハンナが
必死に祈り、

「男の子を授けてくださったら、
その子を一生あなたに仕える者とします」

と神様に誓願して生まれた子供でした。

ハンナはサムエルを授かると、約束通り、
神様に仕えさせるために祭司エリのところに
連れて行きます。

祈ると心が晴れやかになる!

この章の中でわたしが特に印象的だったのは、
必死に激しく祈ったあとのハンナが、
とても晴れやかであったこと。

サムエルを授かってからではなく、
祈り終えた時点で、晴れやかな顔を
していたんですねぇ。。。

ここは注目すべきところ。

何か愚痴や腹の立つことがあっても、
それを人に話したら、話しているうちに
どうでも良くなってきて気持ちが
落ち着いてきた、

なんて経験がおありの方も
多いと多いと思います。

それは、神様に話すことも同じ。

神様は人にはとうてい受け止めきれないことも
受け止めて下さるから、本当に思っていることを
話しても大丈夫なんです。

教会の先生や親しい友達に話したら
絶対引かれるようなことでも、
言って大丈夫なんです。

神様はあなたのこと全てご存知ですから。

「あいつを殺して下さい」はまずいけど、
「殺してやりたいほど憎いんです」と
正直に言うのはOK。

「憎しみの感情を取り除いて下さい」
「赦せるようにして下さい」
と祈ったらいいと思います。

全て神様に聞いてもらったら
スカッとした経験は、わたしもあります。

心がもやもやしてどうしようもない時、
苦しい時、怒りでいっぱいの時は、
ぜひ、祈ってみて下さい(^^)

きっと心が晴れやかになりますよ^ ^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







[ai] サムエル記上 1章 心の内を神に注ぎ出すと晴れやかになる!
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク