[ai] 士師記20章 ベニヤミン族の聖絶 | ペパーミントパラダイス

[ai] 士師記20章 ベニヤミン族の聖絶

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日は士師記20章を読みました。

概要は、下記記事をご参照のこと。

[ai] 士師記20章 ベニヤミン族の犯行
こんにちは^ ^ ペパーミントあいです。 今日は士師記20章を読みました。

暴行殺人の罪を犯したベニヤミン族を
イスラエルの連合軍が聖絶する章です。

よほど戦の腕に自身があったのか、
数では圧倒的に不利であるにも関わらず、
ベニヤミン族はイスラエルとの戦いに撃って出ます。

その自信は確かだったようで、
ベニヤミン族は二度、
全イスラエルの軍勢相手に勝利を収めました。

でも、神様は裁くべき者を
裁かずにはおかないお方。

最後には、
自分たちを過信して驕ったベニヤミン族を、
神様に伺いを立てて従ったイスラエルに
お渡しになりました。

でも、完全に滅ぼし尽くすことはなさらず、
逃げた600人の兵士を4ヶ月間、
リモンの岩場に逃れさせて下さいました。

イスラエルはやはり、選民なんですね。

選ばれている分、
神様を裏切った時の報いも大きいけれど、
結局は大きな力で守られていると感じます。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







[ai] 士師記20章 ベニヤミン族の聖絶
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク