[ai] 黙示録セミナー④ 反キリストについて | ペパーミントパラダイス

[ai] 黙示録セミナー④ 反キリストについて

[ai] 黙示録セミナー③ 7年間の大艱難時代 の続きです。

2016年9月4日に受けた黙示録セミナーの内容を、
6回に分けてお送りしております。

その4回目です。

スポンサーリンク




反キリストとは?

終末を語る上でキーパーソンとなる反キリスト。

ヨハネの黙示録には
「666の獣」
「第一の封印の白い馬」
と書かれていて、

聖書のその他の書では、
「滅びの子」
「憎むべき破壊者」
「第四の獣」など
悪魔(サタン)を示す象徴的表現で
記されています。

創世記3:15では、
エバを誘惑した蛇に対して神様が

「お前の子孫と女の子孫との間に
わたしは敵意を置く」

と言われていますが、
この「お前の子孫」が反キリストで、
「女の子孫」はイエス・キリストであると
解釈することが出来ます。

サタンと一体化した人間であると
考えられます。

恐ろしい>_<

この反キリストは、
大艱難時代の最初に出現。

10人の王とともに
世界を支配すると考えられます。

反キリストの登場

大艱難時代に入ると、
イスラエルが反キリストと7年間の
堅い契約を結ぶと考えられています。

イスラエルは今、
中東のあらゆる国々から嫌われていて、
助けてくれる味方を探しているようですからね。

今はアメリカが味方になってくれていますが、
そのアメリカとの関係も、
最近は雲行きが怪しくなっているようです。

反キリストは、
複雑な中東問題を解決する英雄的指導者として
現れると考えられています。

イスラエルは昔から、
神様を知っていながら神様を信じず、
目に見える他国の王などを頼りにする
罪を犯してきました。

終末も、
イスラエルは反キリストを
頼りにすることが考えられます。

3年半経つと、イスラエルとクリスチャンを迫害

でも、契約は3年半で破棄されます。

反キリストは3年半経つと本性を現し、
イスラエルの神殿に立って、
「わたしが神だ!」と宣言。

自分を拝むように世界へ要求します。

15 預言者ダニエルの言った憎むべき破壊者が、聖なる場所に立つのを見たら(読者は悟れ)、16 そのとき、ユダヤにいる人々は山に逃げなさい。
(マタイの福音書24章15節)

3 だれがどのような手段を用いても、だまされてはいけません。なぜなら、まず、神に敵対する反逆者が起こり、不法の者、つまり、滅びの子が出現しなければならないからです。4 この者は、すべて神と呼ばれたり拝まれたりするものに反抗して、傲慢にふるまい、ついには、神殿に座り込み、自分こそは神であると宣言するのです。
(テサロニケ人への手紙Ⅱ 2章3-4節)

そして、全世界を支配する政治的権力と
宗教的権力を持って、
イスラエルとクリスチャンを迫害します。

でも、破棄される前の3年半は、
イスラエルは平和であると思われます。

神殿建設の用意も出来ている

反キリストがイスラエルの神殿に立つと
預言されているということは、

大艱難時代には、
イスラエルに神殿が建っている、
ということですよね。

現在イスラム教のモスクが建っている
場所に建設されるという説が有力なようです。

事実、イスラエルでは実際に
神殿建設の準備をしていて、
あとはGoサインさえ出れば
いつでも始められる状態になっているのだとか!

(でも、イスラエル人のほとんどはユダヤ教徒なので、
ヨハネの黙示録の預言は知りません)

うーん、預言の実現に近づいている雰囲気。
怖いです>_<

世界を支配すると獣の刻印システム

反キリストは、
「獣の刻印システム」
を用いて世界を支配します。

「額に666」とか「666の獣」というのは、
未信者の方でもどこかしらで
聞いたことがあるかもしれません。

反キリストは、
自身への忠誠の証として、
人々の額か右の手に「666」と
自身を表す数字を刻印。

自分の像を拝まない者、
刻印を受けない者を殺し、

刻印を受けないと
物の売買を出来なくさせます。

「666」は名前を数字換算したもの?

ヘブル語は全て数字に置き換えることが
出来るそうです。

「666」は、反キリストの名前を数字に
置き換えたものであると考えることが出来ます。

でも、「6」は完全数「7」に一つ足りない数なので、
「物凄い力を持っているけれど神には及ばない」
存在であることを象徴する暗号であるとも言われ、

実際のところは、
その時代を生きてみないことには
分かりません。

(死んでもこんな時代、
生きたくないですが……)

実際の刻印システムは、マイクロチップかバーコード?

実際の刻印システムが
どのようなものであるのかも、
専門家の間では様々な説があるようです。

特に有力なのが、
バーコード刻印と
マイクロチップ埋め込み説。

マイクロチップは現在、
ペットの居場所特定のためなどに
利用されていますが、

人体への埋め込みの技術は、
まだ発展途上。

でも、もし埋め込むとしたら、
額か右の手に埋め込むと
体温の上下で充電することが出来るので
良いのだそうです。

うわぁ、ありえそうで怖い>_<

ちなみに、このマイクロチップの技術を考えた
博士は、後にクリスチャンになり、
ヨハネの黙示録を読んで驚いたそうです!

自分の考案した技術が反キリストに使われる、
と考えたら、ぞっとしますよね>_<

[ai] 黙示録セミナー⑤ クリスチャンが引き上げられる携挙について に続きます。

ヨハネの黙示録セミナーに関する記事

スポンサーリンク







[ai] 黙示録セミナー④ 反キリストについて
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする