[ai] 黙示録セミナー① 黙示録のテーマについて | ペパーミントパラダイス

[ai] 黙示録セミナー① 黙示録のテーマについて

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

2016年9月4日は、通常の日曜礼拝のあと、ヨハネの黙示録について学ぶ「黙示録セミナー」が行われました。

その内容を6回に渡ってUPさせていただきたいと思います。

講師はこの日、メイン礼拝でもお話しして下さった大津キリスト教会 副牧師の野口友代先生です。

メイン礼拝の説教につきましては、下記記事をご参照のこと。

[ai] 神とアブラハムの契約は、今まさに完成されようとしている!?
こんにちは^ ^ ペパーミントあいです。 2016年9月4日 草加神召教会リバーサイドチャペルのメイン礼拝に参加させていただきました。

スポンサーリンク




世間一般の黙示録と本当の黙示録

ヨハネの黙示録は、聖書最後の書。
新約聖書唯一の預言書。

これから起こることについて書いてある書です。

世間一般のイメージは、
こうではないでしょうか?

  • 怖い
  • この世の終わり
  • 地球滅亡
  • 人類滅亡

でも、聖書の語る本当の黙示録は、こうです。

  • 神の御国(みくに)の完成
  • 人類の待ち続けた希望
  • 復活の時
  • サタン(悪魔)に対する完全な勝利

要は、悪は滅んで正義が勝つ、ってことです!
こう考えたら、希望がわいてきませんか?

黙示録を理解することは祝福

黙示録を学ぶと、
聖書の言っていることが総合的に理解
出来るようになります。

神様の計画の全体像が分かります。

今がどのような時代か、
知ることが出来ます。

自分の信仰を見直すことが出来ます。

人生の最終地点を目指して
生活出来るようになります。

今すべきことが分かります。

目の前のことに
振り回されなくなります。

黙示録の1章3節には、
このように書かれています。

この預言の言葉を朗読する人と、これを聞いて、中に記されたことを守る人たちは幸いである。時が迫っているからである。

ヨハネの黙示録を理解することは、
祝福であり、幸いなのです。

再臨というテーマの重要性

黙示録のテーマの一つは
「イエス・キリストの再臨」

新約聖書で一番多く語られているのは
「信仰」についてですが、

その次に多く語られているのが
「再臨」についてなのだそうです。

初臨(※別途説明)については109回、
再臨については224回書かれています。

聖書の記者46人中、
10人は初臨について、
36人が再臨を語っています。

新約聖書7959節中、
330節が再臨について言及しています。

また、イエス様ご自身も、
再臨について21回語っておられます。

でも、再臨と同時に「裁き」もテーマに
なっているため、
学ぶのを怖がる人も多いようです(苦笑)

(そういう私も、怖かった(^_^;))

6 主は彼の前を通り過ぎて宣言された。「主、主、憐れみ深く恵みに富む神、忍耐強く、慈しみとまことに満ち、7 幾千代にも及ぶ慈しみを守り、罪と背きと過ちを赦す。しかし罰すべき者を罰せずにはおかず、父祖の罪を、子、孫に三代、四代までも問う者」
(出エジプト記34章6-7節)

ある人たちは遅いと考えているようですが、主は約束の実現を遅らせておられるのではありません。そうではなく、一人も滅びないで皆が悔い改めるようにと、あなたがたのために忍耐しておられるのです。
(ペテロの手紙Ⅱ 3章9節)

神様は罰するべき者は必ず罰する方。
でも同時に、憐れみ深い方。

だからみんなが悔い改めて救われるよう、
裁きを待って下さっています。

黙示録は時系列順に書かれている

終末、この世の終わりについては、
黙示録以外にもたくさん言及されている
箇所がありますが、

黙示録は、それを時系列順に
まとめてくれています。

聖書に基づく時系列は、
ざっとこんな感じです。

天地創造
→旧約時代
→イエス・キリストの時代
→教会時代
→大艱難時代(7年)
→千年王国
→新しい天地

今は教会時代で、
大艱難時代に極めて近づいていると
考えられています。
(理由は後述)

大艱難時代ののち、
イエス・キリストはこの地上に
再臨されます。

キリストの再臨は、
大艱難時代の後千年王国の前という説と、
千年王国の後新しい天地の前説があります。

私の知る限り、
福音派は前者、改革派は後者と
考えているようです。

また、再臨の前にクリスチャンは先に
天に引き上げられる「携挙」(初臨)があるのですが、
これも時期については様々な説があります。
(後述)

大艱難時代が終わると、サタンが封印され、
イエス・キリストと先に引き上げられた
クリスチャンがこの地上を1000年治める
「千年王国」の時代が来て、

1000年が過ぎるとサタンが解放され、
人々を惑わして従わせて、
神様に最後の戦いを挑みます。

でも、最後は敗北。
新しい天と地が現れ、
最後まで神様に従い通した人だけがそこに入り、
幸せに暮らします。

これが黙示録の語る
終末の大まかな流れです。

[ai] 黙示録セミナー② 現在は終わりの時代の前兆に続きます。

ヨハネの黙示録セミナーに関する記事

スポンサーリンク







[ai] 黙示録セミナー① 黙示録のテーマについて
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする