[ai] 士師記19章は、人が神から離れるとどこまでも堕落することを物語っている | ペパーミントパラダイス

[ai] 士師記19章は、人が神から離れるとどこまでも堕落することを物語っている

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日は士師記19章を読みました。

概要は、下記記事をご参照のこと。

[ai] 士師記19章 ベニヤミン族の犯行
こんにちは^ ^ ペパーミントあいです。 今日は士師記19章を読みました。

自分の立場を弁えずに側女を持つレビ人、
男色に耽るならず者、
自分たちだけ助かろうとして
女性を生贄にする夫と父親、
そして、バラバラにした遺体を送りつけるエグさ。

もう、どこを取っても、
最悪としか言えない章ですm(_ _)m

イスラエルは神様に選ばれた民では
なかったのか?

神様を離れて、
「めいめいが自分の目に正しいと思うことを行なう」
ことの恐ろしさが、
とても現れている章だと思います。

いくら何でもそれは極端な例だろう?
と思う方も、いらっしゃるかもしれません。

でも、はたしてそうでしょうか?

神様という絶対的に正しい物差しを捨てた人間に、
真理はありません。

どんなに酷いことにもエグいことにも、
すぐ慣れてしまうほど、人は弱いもの。

そして、生まれながらにして罪の性質を
持っているもの。

神様から離れればこうなる危険性はあるという
事実から、目を背けてはいけないと思います。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







[ai] 士師記19章は、人が神から離れるとどこまでも堕落することを物語っている
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク