[ai] 士師記17章 偶像崇拝している自覚も違和感もないイスラエル人 | ペパーミントパラダイス

[ai] 士師記17章 偶像崇拝している自覚も違和感もないイスラエル人

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日は士師記17章を読みました。

概要は、下記記事をご参照のこと。

[ai] 士師記17章 ダン族の移動
こんにちは^ ^ ペパーミントあいです。 今日は士師記17章を読みました。

そのころイスラエルには王がなく、それぞれが自分の目に正しいとすることを行っていた。(士師記17章6節)

この章には、
士師時代のイスラエルの実態が
描かれています。

本章に登場するミカという男は、
母親も含めて、完全な混合信仰の持ち主。

真の神様と偶像を一緒に並べて礼拝する
自分用の神殿を持っています。

でも本人たちには、
それがモーセの十戒に違反する、
神様に忌み嫌われる行為である
自覚すらありません。

自分たちの行為に、
少しの違和感も覚えていないのです。

罪に対して無自覚になってしまうって、
恐ろしいです>_<

でも、上記に引用した御言葉は、
色々と考えさせられます。

「人それぞれ、色々な考え方があるのだから」
という、

世間一般には民主的で良しとされている一般論も、
度を越せばこれに当てはまるのではないでしょうか?

「人それぞれ色々な考え方があるのだから、
多様性を認めましょう」

それは間違いではないです。

でも、それが絶対的に正しいかと言われたら、
そうは思えません。

「人それぞれ色々な考え方があるのだから、
人を殺すことを良しとする価値観も認めましょう」

「人それぞれ色々な考え方があるのだから、
特定の民族を中傷することは差別ではない」

「人それぞれ色々な考え方があるのだから、
靖国神社への参拝と神様への礼拝を並行する
ことも一つの信仰の形である」

こんなことが容認されてしまうようになったら、
まさに士師時代のイスラエルと変わらないですね。

時代がどんなに移り変わっても、
絶対的に変わらない真理はあると、
わたしは思います。

聖書の教える神様の御言葉は、
不変です。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







[ai] 士師記17章 偶像崇拝している自覚も違和感もないイスラエル人
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク