[ai] 士師記12章 イブツァン・エロン・アブドン | ペパーミントパラダイス

[ai] 士師記12章 イブツァン・エロン・アブドン

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日は士師記12章を読みました。

士師記12章 イブツァン・エロン・アブドン

[ai] 士師記12章 エフタ の続きです。

本章には

  • エフタ(1-7節)
  • イブツァン(8-10節)
  • エロン(11-12節)
  • アブドン(13-15節)
  • ※サブタイトルは新共同訳聖書より

について書かれていました。

以下は、受洗1年9ヶ月目のわたしが本章を読んだ感想です。

解釈には注釈、解説書、教会で得た知識等を総動員させていただいておりますが、聖書について詳しくお知りになりたい方は、お近くの教会へ行って、牧師先生に聞いてみて下さいね^ ^

※段落が細かいので、イブツァン、エロン、アブドンについてのみ書かせていただきます。エフタに関する部分の概要は、上記リンクをご参照のこと。

イブツァン

エフタの後、ベツレヘム出身のイブツァンが7年間、
士師としてイスラエルを裁きます。

イブツァンには30人の息子と30人の娘がいました。

息子は全員、一族以外の娘をめとり、
娘は全員、一族以外の相手に嫁ぎます。

イブツァンは死後、
ベツレヘムに葬られました。

エロン

イブツァンの後は、
ゼブルン族のエロンが10年間、
士師としてイスラエルを裁きました。

エロンは死後、
ゼブルンの地アヤロンに葬られました。

アブドン

エロンの後は、
ピルアトンの人アブドンが8年間、
士師としてイスラエルを裁きます。

ピルアトンはアマレク人の山地の中に
飛び地としてあったエフライムの土地で
あったと考えられます。

アブドンには40人の息子と30人の孫がいて、
70頭のろばに乗っていました。

相当金持ちだったようです。

アブドンは死後、
ピルアトンに葬られます。

感想

本章について、別途記事でも感想を述べさせていただいております。あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 士師記12章 プライドばかり高いエフライム人
こんにちは^ ^ ペパーミントあいです。 今日は士師記12章を読みました。

参考文献

以下の解説書を参考にさせていただきました。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

次回は [ai] 士師記13章 サムソン についてお届けいたします。

お楽しみに!

スポンサーリンク







[ai] 士師記12章 イブツァン・エロン・アブドン
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク