[ai] 士師記12章 エフタ | ペパーミントパラダイス

[ai] 士師記12章 エフタ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日は士師記12章を読みました。

スポンサーリンク




士師記12章 エフタ

[ai] 士師記11章 エフタ の続きです。

本章には

  • エフタ(1-7節)
  • イブツァン(8-10節)
  • エロン(11-12節)
  • アブドン(13-15節)
  • ※サブタイトルは新共同訳聖書より

について書かれていました。

以下は、受洗1年9ヶ月目のわたしが本章を読んだ感想です。

解釈には注釈、解説書、教会で得た知識等を総動員させていただいておりますが、聖書について詳しくお知りになりたい方は、お近くの教会へ行って、牧師先生に聞いてみて下さいね^ ^

※段落が細かいので、本記事ではエフタに関するところのみ。イブツァン、エロン、アブドンの箇所につきましては、別途記事にさせていただきます。

エフライム人、エフタに難癖をつける

見事アンモン人を打ち破り、
イスラエルを救ったエフタ。

でも、無駄にプライドばかり高いエフライム人が
難癖をつけてきました。

「アンモン人との戦いの時に
なぜ私たちに同行を呼びかけなかったのか?
あなたの家をあなたもろとも焼き払ってやる」

これは完全な言いがかりでした。

エフタは戦の前にエフライム人にも
協力を呼びかけたけれど、
それに応えなかったのはエフライム人の方です。

それでいて、エフタが手柄を取ったことが
気に入らないから難癖をつける。

最悪です。

エフタ、エフライムと戦う

エフライム人たちはギレアド人に対して
とてもひどい悪口を言って回ったため、
エフタとギレアド人はエフライム人と戦います。

結果、エフライム人を撃ち破りました。

ヨルダン川の渡し場を制圧

ギレアドはエフライムへの
ヨルダン川の渡し場も制圧。

ここを通って逃げよとするエフライム人を
検問にかけ、

「シイボレト」と正しく発音出来ない者を捕らえ、
処刑しました。

この時、エフライム人は4万2000人が殺されました。

エフタ、6年間イスラエルを裁く

エフタは6年間、
士師としてイスラエルを裁きました。

エフタは死後、
自分の町ギレアドに葬られます。

感想

本章について、別途記事でも感想を述べさせていただいております。あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 士師記12章 プライドばかり高いエフライム人
こんにちは^ ^ ペパーミントあいです。 今日は士師記12章を読みました。

参考文献

以下の解説書を参考にさせていただきました。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

次回は [ai] 士師記12章 イブツァン・エロン・アブドン についてお届けいたします。

お楽しみに!

スポンサーリンク







[ai] 士師記12章 エフタ
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする