[ai] 士師記11章 神様はエフタのべらぼうな誓いをなぜ止めなかったのか? | ペパーミントパラダイス

[ai] 士師記11章 神様はエフタのべらぼうな誓いをなぜ止めなかったのか?

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日は士師記11章を読みました。

概要は、下記記事をご参照のこと。

[ai] 士師記11章 エフタ
こんにちは^ ^ ペパーミントあいです。 今日は士師記11章を読みました。

士師エフタが

「最初に家を出て私を出迎えた者を
焼き尽くす献げ物として献げる」

と誓願を立ててアンモン人を倒し、
最初に出迎えた一人娘を献げることに
なる本章のストーリー。

純粋に、
神様はなぜ、エフタのべらぼうな誓いを
止めなかったのか?

という疑問しかありません。

人を焼いて献げるなんて、
それこそ、異郷まがいのやり方。

いくら偶像ではなく神様に献げるとはいえ、
なぜ神様はその誓いをやめさせなかった
のでしょうか?

その誓いが、御心に敵っていたとでも
いうのでしょうか?

出迎えたのは赤の他人の召使ではなく、
自分の娘だったので、
他人からの恨みを買うことは免れました。

苦しみは自分に返ってきた、
と考えれば、罰を受けたとも言えます。

娘は信仰を持って運命を受け入れたのだから、
きっと神様の元へ行ったことでしょう。

でも……なんだかなぁ……。

この章を未信者のふつうの人が読んだら
「狂気の沙汰だ!」としか
言いようがないですよね。

私もそう思います。

モヤモヤしか残りませんm(_ _)m

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







[ai] 士師記11章 神様はエフタのべらぼうな誓いをなぜ止めなかったのか?
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク