[ai] 士師記10章 トラ〜イスラエルの罪と罰 | ペパーミントパラダイス

[ai] 士師記10章 トラ〜イスラエルの罪と罰

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日は士師記10章を読みました。

士師記10章

[ai] 士師記9章 アビメレクの過ち の続きです。

本章には

  • トラ(1-2節)
  • ヤイル(3-5節)
  • イスラエルの罪と罰(6-18節)
  • ※サブタイトルは新共同訳聖書より

について書かれていました。

以下は、受洗1年9ヶ月目のわたしが本章を読んだ感想です。

解釈には注釈、解説書、教会で得た知識等を総動員させていただいておりますが、聖書について詳しくお知りになりたい方は、お近くの教会へ行って、牧師先生に聞いてみて下さいね^ ^

トラ

アビメレクの死後は、イサカル人のトラが士師として立ち上がり、23年間イスラエルを裁きました。

ヤイル

トラの次は、ギレアド人(ガド+マナセの半部族)のヤイルが士師となり、22年間、イスラエルを裁きます。

ヤイルは30人の息子、30頭のろば、30の町を持っていました。

相当な力を持っていたようです。

ヤイルの死後、イスラエルはまた偶像崇拝に陥る

ヤイルの死後、イスラエルはまたも神様を裏切り、偶像崇拝に陥ります。

バアルだけでなく、アシュタロテやアラムの神々、シドンの神々、アンモンの神々、ペリシテの神々と、節操なく多くの神々に仕えるようになりました。

神、怒ってイスラエルをアンモン人とペリシテ人に渡される

当然、神様は怒って、イスラエルをアンモン人とペリシテ人の手に渡されました。

イスラエルは18年間、アンモン人に苦しめられることになります。

アンモン人は元々、ヨルダン川の向こう側に住んでいる民族のため、侵攻されたのはギルアドでしたが、やがて、ヨルダン川を渡ってユダ、ベニヤミン、エフライムの領土にまで侵入してきました。

苦境に立たされたイスラエル人は、たまらず神様に助けを求めます。

神、今度はすぐには助けない

これまでに何度も同じことを繰り返してきたので、神様は、今度はすぐにイスラエルを助けません。

「あなたたちが選んだ神々のもとに行って、助けを求めて叫ぶがよい」

イスラエル人、偶像を一掃して神に仕える

イスラエル人は自分たちの罪を悔い改め、偶像を一掃。

神様に仕えるようになりました。

イスラエル人が悔い改めたので、神様はイスラエルの苦しみに耐えられなくなります。

そんな時、アンモン人が攻めてきました。

イスラエルは迎え撃つため、ギレアドに陣を敷きます。

ギレアドの人々は口々に言いました。

「誰が頭となるのだろうか?」

感想

本章について、別途記事でも感想を述べさせていただいております。あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 士師記10章 本当は誰が真の神か分かっているイスラエル人
こんにちは^ ^ ペパーミントあいです。 今日は士師記10章を読みました。

参考文献

以下の解説書を参考にさせていただきました。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

次回は [ai] 士師記11章 エフタ についてお届けいたします。

お楽しみに!

スポンサーリンク







[ai] 士師記10章 トラ〜イスラエルの罪と罰
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク