[ai] 士師記9章 アビメレクの過ち | ペパーミントパラダイス

[ai] 士師記9章 アビメレクの過ち

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日は士師記9章を読みました。

スポンサーリンク




士師記9章

[ai] 士師記8章 ギデオン の続きです。

本章には

  • アビメレクの過ち(1-57節)
  • ※サブタイトルは新共同訳聖書より

について書かれていました。

以下は、受洗1年9ヶ月目のわたしが本章を読んだ感想です。

解釈には注釈、解説書、教会で得た知識等を総動員させていただいておりますが、聖書について詳しくお知りになりたい方は、お近くの教会へ行って、牧師先生に聞いてみて下さいね^ ^

アビメレク、兄弟70人を殺して王位につく

ギデオンの息子アビメレクは、母方のおじたちを通じて、シケムの首長たちに

「エルバアルの息子70人全員に治められるのと一人に治められるのと、どちらが得か」

と迫りました。

アビメレクの母親はシケムの人間であったため、首長たちはアビメレクを身内だと思い、支持。

アビメレクは、シケムの首長たちから贈られた金で雇ったならず者を従え、自分の兄弟70人を石で殺して王位に就きます。

(と、言っても、イスラエル全土ではなく、シケムと限られた地域限定のものでした)

でも、末の子ヨタムだけは、身を隠して生き延びました。

ヨタム、ゲリジム山の頂で叫ぶ

アビメレクがシケムの人々に担がれて王位に就いたと聞くと、ヨタムはゲリジム山の頂に登り、叫びます。

「シケムの首長たちよ、わたしの言うことを聞いて下さい!そうすれば、神はあなたたちの言うことを聞き入れて下さる!」

そう言って、以下の3つのことを宣告。

  • 父ギデオンは王位に就くことを拒んだこと
  • アビメレクを王にすることは、本当に父エルバアルの一族に誠意を尽くすことなのか?
  • そうでないなら、アビメレクもシケムも呪われる

言うだけ言うと、ヨタムは逃げ出し、アビメレクから隠れて暮らしました。

このヨタムの呪いの言葉は、のちに実現することとなります。

ガアルの反乱

神様がアビメレクとシケムの首長たちのあいだに険悪な空気を送り込まれたので、彼らは対立することとなりました。

シケムの首長たちはカナン人ガアルを担いで、アビメレクに反乱を企てます。

でも、事前に反乱のことを知らされていたアビメレクは、ガアルに先制攻撃を仕掛け、勝利。

ガアルは敗走することとなりました。

アビメレク、シケムの人々を虐殺

アビメレクの怒りは、ガアルとその一派を倒しただけでは収まらず、反乱を起こしたシケムの全住民の向けられることとなりました。

アビメレクはシケムの全住民を虐殺。

そのことを知ったミグダル・シケム(=シケムのやぐら。シケムのやぐらは町の外にありました)の人たちは危険を感じ、地下壕に逃げ込みますが、アビメレクはこの地下壕の上に薪木を積んで火を放ち、中にいた1000人の男女を皆殺しにしました。

アビメレク、女の落とした臼に頭を砕かれ、死亡

アビメレクは、今度はテベツという町に攻め込み、制圧します。

テベツの首長や住民たちは、堅固な塔に逃げ込み、立て篭りました。

アビメレクはミグダル・シケムの地下壕を焼き払った時同様、テベツの塔も火をつけて焼き払おうとしますが、

アビメレクが塔に近付くと、一人の女が、アビメレクの頭を目掛けて臼の上石を投げ落としました。

上石は見事、アビメレクの頭に命中。
頭蓋骨を砕かれ、アビメレクは死亡。

神様はこうして、石で兄弟たちを殺したアビメレクに報復を果たされました。

同時に、アビメレクを担ぎ上げたシケムの人々の悪事に対しても、裁きを下されたのでした。

感想

本章について、別途記事でも感想を述べさせていただいております。あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 士師記9章 アビメレクは「剣を持つものは剣によって滅びる」を体現した人
こんにちは^ ^ ペパーミントあいです。 今日は士師記9章を読みました。

参考文献

以下の解説書を参考にさせていただきました。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

次回は 士師記10章 トラ〜イスラエルの罪と罰 についてお届けいたします。

お楽しみに!

スポンサーリンク







[ai] 士師記9章 アビメレクの過ち
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする