[ai] 士師記5章から学んだ「聖霊による覚醒の呼びかけ」の話 | ペパーミントパラダイス

[ai] 士師記5章から学んだ「聖霊による覚醒の呼びかけ」の話

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日は士師記5章を読みました。

概要は、下記記事をご参照のこと。

[ai] 士師記5章 デボラの歌
こんにちは^ ^ ペパーミントあいです。 今日は士師記5章を読みました。

この章で私が特に印象に残ったのは、12節。

奮い立て、奮い立て、デボラよ
奮い立て、奮い立て、ほめ歌をうたえ。
立ち上がれ、バラクよ
敵をとりこにせよ、アビノアムの子よ。

4回も「奮い立て!」と言っているんですよね!

これについては「聖霊による覚醒の呼びかけ」と、注釈に書いてありました。

バラクに「あなたが一緒に来てくれないなら行かない」と言われるほどの人ですから、デボラは相当カリスマ性があって、強い女性だったのではないかと思います。

そのデボラでも、聖霊によって4回も自分を奮い立たせてもらわなければならないほどに、恐れていたんですね>_<

彼女の強さもカリスマ性も、彼女自身だけのものではなく、聖霊によって引き出されたもの、力を与えられたゆえのものが大きかったのではないかと思います。

デボラは聖霊様の力を得ることが出来たから、強かったのでしょうねぇ。。。

デボラに働いた聖霊は、今も生きて、働いています。

神様を心から求める人に、助け主なる聖霊は働いて下さいます。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







[ai] 士師記5章から学んだ「聖霊による覚醒の呼びかけ」の話
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク