[ai] ヨシュア記17章 マナセ族〜ヨセフの一族の開拓地 | ペパーミントパラダイス

[ai] ヨシュア記17章 マナセ族〜ヨセフの一族の開拓地

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日はヨシュア記17章を読みました。

ヨシュア記17章

[ai] ヨシュア記16章 ヨセフの一族〜エフライム の続きです。

本章には

  • マナセ族(1-13節)
  • ヨセフの一族の開拓地(14-18節)
  • ※サブタイトルは新共同訳聖書より

について書かれていました。

以下は、受洗1年8ヶ月目のわたしが本章を読んだ感想です。

解釈には注釈、解説書、教会で得た知識等を総動員させていただいておりますが、聖書について詳しくお知りになりたい方は、お近くの教会へ行って、牧師先生に聞いてみて下さいね^ ^

マナセ族(1-13節)

マナセ族の領土の範囲がどこからどこまでなのか、書かれています。

中にはマナセ族とエフライム族が混在して住んでいる地域も、多くあったようですね。

マナセ族もエフライム族も、広く捉えればヨセフ族なので、他の部族と比べると境界線が曖昧なのかもしれません。

この段落の最後も、

イスラエルの人々は強くなってからも、カナン人を強制労働に従事させただけで、徹底的に追い出すことはできなかった。(13節)

という、嫌な予感がする記述で締められています。

ヨセフの一族の開拓地(14-18節)

マナセとエフライムを合わせたヨセフの一族は、ヨシュアに「私たちは数が多いから、くじで決められた土地だけでは足りない」と申し出てきました。

ヨシュアは「森林地帯に入って行って、ペリジ人やレファイム人の地域を開拓すればいい」と進言。

いずれもカナンの原住民で、背の高い民族でした。

ヨセフの一族たちは

「山地だけでは足りません。でも平地に住むカナン人は鉄の戦車を持っています」

と、納得しません。

ヨシュアは

「あなたたちは数も多く、強い民となったのだから、森林も開拓出来るし、鉄の戦車を持ったカナン人を追い出すことも出来るだろう」

と答えました。

感想

最後のヨセフの一族とヨシュアの問答は、「力のある者は与えられるのを待っているのではなく、自分で道を切り開きなさい」という教えを含んでいるようです。

必要なものは神様が与えて下さるし、それを手に入れるための力も与えて下さっている、ということですね。

祈り求めれば神様が何でも与えてくれるというのは、何もしなくても神様は棚ぼた式に結果をくれる、という意味ではないことを再確認いたしました。

よく「クリスチャンは祈るだけで何もしない」と揶揄されることがありますが、祈るだけで何もしないクリスチャンは、きっと、何の結果も得ることは出来ていないと思います。

神様は願ったものを直接的に与えて下さることもあれば、それを手に入れるために必要なものを間接的に与えて、手に入れられるようにして下さることもあるのです。

参考文献

以下の解説書を参考にさせていただきました。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

次回は [ai] ヨシュア記18章 その他の七部族〜ベニヤミン族 についてお届けいたします。

お楽しみに!

スポンサーリンク







[ai] ヨシュア記17章 マナセ族〜ヨセフの一族の開拓地
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク