[ai] 肉体の死からの卒業 | ペパーミントパラダイス

[ai] 肉体の死からの卒業

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

3月15日の日曜礼拝は、R.I.S(リバーサイドインターナショナルスクール)の卒業式を兼ねた礼拝でした。

卒業の日

R.I.Sの卒業式を兼ねた礼拝だったので、説教の内容も卒業になぞらえてのお話でした。

リバーサイドチャペルのB.B宣教師がお話しして下さいました。

この日読んだ聖書の箇所はこちら。

はっきり言っておく。わたしの言葉を聞いて、わたしをお遣わしになった方を信じる者は、永遠の命を得、また、裁かれることなく、死から命へ移っている。(ヨハネによる福音書5章24節)

⒈霊的死から霊的命へ

そのためには、霊的死から卒業しなければならないそうです。

しかし、憐れみ豊かな神は、わたしたちをこの上なく愛してくださり、その愛によって、罪のために死んでいたわたしたちをキリストと共に生かし、あなたがたが救われたのは恵みによるのです。(エフェソの信徒への手紙2章4-5節)

霊的死とは、神様から離れて自分勝手に生きている状態のこと。
このままだと、人間は生まれながらにして罪人なので、一生罪の奴隷として生きることになり、最期にはその罪ゆえに裁かれます。

その霊的死から卒業するには、わたしたちの罪を贖うために十字架で死んだイエス・キリストを救い主として信じ、受け入れなければなりません。

信じて受け入れ、心の中にイエス・キリストを迎え入れることによって、人は罪の奴隷から解放され、霊的に生きることが出来るのです。

霊的に生きていると、心から人生を楽しむことが出来るとのこと。

⒉肉体の死から卒業して永遠のいのちへ

B.B宣教師は、霊的死から卒業し、キリストを救い主として受け入れ、キリストに従って生きることは、教室に入るのと同じだと例えていらっしゃいました。

教室に入ったら勉強し、試験を受けて卒業しなければならないように、イエス・キリストを信じて受け入れたら、毎週日曜日に教会へ行って聖書を学び、肉体の死から卒業しなければならないとのこと。

わたしにとって、生きるとはキリストであり、死ぬことは利益なのです。(フィリピの信徒への手紙1章21節)

しっかり聖書を学び、神様の教えに従って生きることで、課程を修了し、卒業出来るとのこと。

肉体は死んでも、永遠の命を得ることが出来るのです。

そのように生きていきたいです。

R.I.Sの皆さん、この度はご卒業、おめでとうございます!

スポンサーリンク







[ai] 肉体の死からの卒業
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク