[ai] 聖書って凄い!元女子プロレスラー・里美和伝道師が語る、聖書の素晴らしさ | ペパーミントパラダイス

[ai] 聖書って凄い!元女子プロレスラー・里美和伝道師が語る、聖書の素晴らしさ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

11/1(日)、草加神召キリスト教会リバーサイドチャペルのマイティーサービスに参加してきました。

草加神召キリスト教会リバーサイドチャペルのマイティーサービス

草加神召キリスト教会リバーサイドチャペルは、東京スカイツリーライン 松原団地駅より徒歩5-10分ほどのところにある教会です。

マイティーサービスは毎週日曜日 17時半から行われている夕方の礼拝です。

詳しくは下記教会HPをご確認いただければと思います。

=== リバーサイドチャペル 草加神召キリスト教会 ===

この日のメッセンジャー

この日メッセージをして下さったのは、本教会の里美和伝道師でした。

里美和先生は元女子プロの全日本チャンピョン。
現役中に聖書と出会い、引退後は神学校を卒業。
現在は草加神召キリスト教会リバーサイドチャペルにて、伝道活動をされています。

聖書ってこんなに凄いんだ!という思いがヒシヒシ伝わりました!

この日のメッセージでは、その里先生が聖書と出会い、伝道者に導かれるまでのお話から、レスラー仲間のシャーク土屋さんの証など、貴重なお話をたくさん聞くことが出来ました。

何より、「聖書ってこんなに凄いんだよ!」という里先生の思いがとても伝わるメッセージでした!

聖書との出会いは、特別ドラマチックではなかった

そんな里先生ですが、聖書との出会いは、取り立ててドラマチックではなかったようです。

よく聞く証は「人生でどん底を味わい、死ぬことさえ頭を過ぎったそんな時、友人から教会に誘われ、そこで聞いた御言葉にとても慰められえ人生が変わった!」という類のものが多いと思います。

人は苦しい時ほど神様を求めるものなので、クリスチャンの中には、苦難の時に導かれた人はとても多いです。

でも、誰しもがそんなドラマのようなきっかけでイエス様と出会うわけではありません。

わたしもそうですが、里先生もその一人。

たまたま、よく行く焼肉屋の女将さんがクリスチャンで、その方に勧められて聖書を読んだら「何て凄い本なんだ!」と感動し、以後は物凄く熱心に読み、イエス様に導かれたそうです。

ノンクリスチャンの方、それも体育会系の方は特に、「神様を信じるなんて、弱いヤツのすることだ」という方が多いですが、里先生も、以前はその一人でした。

でも、そんな方が、取り立てて苦難の時に導かれるとは、限らないのですねぇ。。。

聖書に導かれるきっかけって、実に様々なんですねぇ。。。

その後は熱心に伝道

里先生がイエス様に導かれたのは現役中だったので、レスラー仲間の方々やプロレス会社の方にも、熱心に伝道されたそうです。

先生の話し方からして、使命感に駆られて伝道した、というより、聖書に感動したからその素晴らしさをしゃべらずにはいられずしゃべりまくった、という感じでした。

ここで一つ、わたしは重要なことに気付きます。

伝道って、やらなきゃいけないか仕方なくやるものじゃないですよね!

教会に行くと「伝道しなさい」「イエス様の命令です」「先に救われた私たちは、まだ救われていない人達を導く義務がある」とよく言われます。

それは……その通りなのですが、先生がやれって言うから仕方なく友達に聖書の話をしたり教会に誘ったとしても、伝わるわけないですよね。

わたしは「あまり親しくない人の前では、宗教と政治の話はしてはいけない」と思っている人間なので、さほど仲良くない人はおろか、ある程度仲良くなった人でも、気軽に教会になんて誘えません。

変な宗教の勧誘だと思われたらどうしよう、とビクビクしてしまいます>_<

でも、やらなきゃいけない!出来ない自分が情けない、という気持ちになっていました。

里先生のお話を聞いて、今わたしがすべきは、背伸びして友達に伝道することではなく、わたし自身が、もっと神様を喜べる人間になることだと思いました。

実際、里先生が喜んで聖書の素晴らしさを語ったところ、初めは相手にしてくれない人もたくさんいたけれど、その後信じてくれたレスラー仲間の方もたくさんいたようです。

その一人が、シャーク土屋さん

里先生の伝道でイエス様に導かれた方の中に、元レスラーのシャーク土屋さんという方がいらっしゃいます。

わたしは女子プロレスには疎いので分かりませんが、その道ではとても有名な方だったそうなので、ご存知の方も多いかもしれません。

悪役レスラーの方で、里先生曰く、「人には極悪だけど、犬には優しい」方なのだそうです(笑)

そんなシャークさんが導かれたきっかけは、愛犬が病気になったことでした。

シャークさんも初めは「神様なんて、弱いヤツの信じるものだ」というタイプの方で、なかなか信じてくれなかったけれど、愛犬が弱った時、里先生に「ワンちゃんのために祈って!」と縋り付いたそうです。

そのことがきっかけで、イエス様を信じ、洗礼を受けるまでに至りました。

でも、受洗後の信仰生活は、決して順調なものではありませんでした。

悪いと分かっていながら、占いをしてしまった

ここで、シャーク土屋さんご本人が登場して、証して下さいました。

洗礼は受けたものの、それから3年間は、あまり教会に通っていませんでした。

これ、けっこう重要です!
信じても教会に行っていないと、信仰って確実に弱ります!

毎週日曜日の礼拝って、教会の仲間に会ったり、牧師さんから知識として聖書のお話を聞けるだけでなく、牧師さんの説教を通して神様からのメッセージを受け取るための場であり、一週間、この世との戦いで疲れた魂を休ませるための場でもあるので、通っていないと、知らない間にどんどん弱ってしまうのですm(._.)m

礼拝で説教を聞いた直後は赦せていた相手が、次の礼拝の前日には物凄く赦せなくなっていること、わたしはしょっちゅうあります(苦笑)

シャークさんは教会に通っていなかっただけでなく、占い師のお友達とも交流していました。

占いは悪霊(あくれい)の力によるものであると、聖書でははっきり禁じられています。
シャークさんもそのことは、知っていました。

でも、そのお友達の占いを断らずに、受けてしまっていました。

占いだとかおまじない、オカルトの類って、大方はインチキですが、時々、物凄く当たったり、物凄い力を発揮することがあります。

それをただの偶然と判断するのは簡単ですが、悪霊の力によって力を発揮している場合もあるので、とっても危険なんです。

そのことが原因で、シャークさんも悪霊に付け入られ、イエス様を体験として知って、信じて受洗したはずなのに、いつの間にか、イエス様のことが分からなくなってしまいました。

そのうちに、自分のことも分からなくなってしまったそうです。

片足を切断。でも、それが恵みだった!

そんな時、シャークさんは靴擦れによる足の痛みを感じるようになります。

靴擦れごときと放っておいたら、菌が入ったのかどんどん化膿し、腫れ上がり、意識を失うほどの熱に浮かされ、気が付いたら、病院のベッドで目が覚めたそうです。

この間の記憶は全くないとのことですが、2ヶ月も入院していたとのこと。

発見して病院に連れて行ってくれたり、入院の手続きをしてくれたのは、里先生とお仲間の元レスラーの方でした。

化膿した足は、膝から下を切断することになりました。

でも、このことをシャークさんは「恵みだった」と話します。

入院したおかげでイエス様とじっくり向き合う時間が与えられ、駆けつけてくれた両親とも和解出来た、と。

シャークさんは美大を卒業後、引き受けたプロレス会社のロゴ作成の仕事がきっかけでプロレスデビュー。

そのことで、「そんなことをさせるために美大に入れたんじゃない!」と、ご両親との仲が悪くなってしまったそうです。

また、悪役時代のパフォーマンスが原因で、実家に嫌がらせをされたことで、ますます悪くなってしまいました。

でも、さすがにこれほどの大事には、駆けつけてくれました!

両親と和解出来たのは、入院だけが理由ではない

ここで、シャーク土屋さんは退場。
まだリハビリの真っ最中とのことで、そのまま病院に戻られたようです。

シャーク土屋さん、話し方はいかにもレスラーっぽい、ドスの効いた声でしたが、顔つきは悪役レスラー時代に比べ、とても穏やかになられていました!

シャークさんがご両親と和解出来たのは、イエス様と向き合い、内側から変えられ、穏やかになったからではないかと、里先生は話します。

シャークさんのお母様は、「入院後の娘は、わたしが育てていた頃の娘だ。悪役時代は何かに取り憑かれていた」と話しておられたとのこと。

聖書は時に、人を厳しく戒める

ここで、入院中にシャークさんが熱心に読まれていたという箇所をご紹介いたします。

聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。(テモテへの手紙二 3章16節)

聖書は時に、厳しく人を戒めます。

と、いうか、わたしには戒めの部分しか目に入らず、誰かが解説してくれないと、愛や恵みの部分なんて分からないくらいです(苦笑)

でも、戒めを無視して好き勝手に振舞っていては、どんどん道を外してしまいます。

聖書を読み、神様の教えを知り、戒めを守る(心に留める)ことによって、わたしたちの目はどんどん神様に向けて開かれ、強められる。

そう、最後まで聖書の素晴らしさを訴えて、里先生はメッセージを締めくくりました。

まとめ

ここ最近、聖書通読がなおざりになっていたわたしに対し、ピンポイントなのではないかと思えるメッセージでした。

里先生は、わたしが最近聖書通読をサボり気味であることなど、知りません。

でも、礼拝でのメッセージは、メッセンジャーを通して神様から伝えられるメッセージなので、時として「うわぁ、わたしのことだ>_<」ということが、多々あるんですよね(苦笑)

わたしは「聖書を読むことの大切さ」が心に響きましたが、同じメッセージを聞いた別の方は、全く別の部分で心を動かされているかもしれません。

神様を心から喜んで人に伝えることの出来る人間になるために、毎日の聖書通読を頑張りたい。

そう、心から思いました。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

スポンサーリンク







[ai] 聖書って凄い!元女子プロレスラー・里美和伝道師が語る、聖書の素晴らしさ
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク