[ai] 神の約束を得る七つの鍵。キーワードは「ビジョン」 | ペパーミントパラダイス

[ai] 神の約束を得る七つの鍵。キーワードは「ビジョン」

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

2015年12月9日 草加神召教会リバーサイドチャペルの水曜祈祷会に参加させていただきました。

草加神召キリスト教会リバーサイドチャペルの水曜祈祷会

草加神召キリスト教会リバーサイドチャペルは、東京スカイツリーライン 松原団地駅より徒歩5-10分ほどのところにある教会です。

祈祷会は毎週水曜日 19時半から行われています。

詳しくは下記教会HPをご確認いただければと思います。

=== リバーサイドチャペル 草加神召キリスト教会 ===

この日のメッセンジャー

この日は本教会のイライジャ宣教師がメッセージをして下さいました。

イライジャ先生について、また過去にして下さったメッセージについては、下記記事をご参照のこと。

[ai] 舟から出よう!出て行って、全世界の人を弟子にすることが主の願いである。

神の約束を得る七つの鍵

この日のメッセージテーマは「神の約束を得る七つの鍵」というもの。

天国、つまり、神様の御国(みくに)には、豊かな祝福があります。
それを私たちは受け取ることが出来ると、神様は約束して下さっています。
イエス・キリストは、その天の御国の祝福を得るための鍵を、私たちに下さいました。

わたしは、あなたに天の御国のかぎを上げます。何でもあなたが地上でつなぐなら、それは天においてもつながれており、あなたが地上で解くなら、それは天においても解かれています。
(マタイ16章19節)

この鍵を使えば、地上にいながら、天の神様の豊かな祝福を得ることが出来ます。

でも、私たちはその使い方を知りません。
どのように鍵を使えばいいのでしょうか?

そのキーワードは「ビジョン」
ビジネスで成功を収めるためにも、役に立ちそうなお話でした^ ^

神様は約束を必ず守られる方

鍵の使い方を知る前に、私たちはまず、神様は約束を必ず守られるお方であることを、再認識する必要があります。

なぜなら、これからお知らせすることは、神様は本当に約束を守って下さるのかなと疑ってかかっていたのでは、実現出来ないことだからです。

以下の御言葉(みことば)を読んで、そのことを噛み締めましょう。

13 神は、アブラハムに約束されるとき、ご自分よりすぐれたものをさして誓うことがありえないため、ご自分をさして誓い、
14 こう言われました。「わたしは必ずあなたを祝福し、あなたを大いに増やす」
15 こうして、アブラハムは、忍耐の末に、約束のものを得ました。
16 確かに、人間は自分よりすぐれた者をさして誓います。そして、確証のための誓いというものは、人間のすべての反論をやめさせます。
17 そこで、神は約束の相続者たちに、ご計画の変わらないことをさらにはっきり示そうと思い、誓いをもって保証されたのです。
18 それは、変えることのできない二つの事がらによって、ーー神は、これらの事がらのゆえに、偽ることができません。ーー前に置かれている望みを捕らえるためにのがれて来た私たちが、力強い励ましを受けるためです。
(ヘブル人への手紙6章13-18節)

神は人間ではなく、偽りを言うことがない。
人の子ではなく、悔いることがない。
神は言われたことを、なさらないだろうか。
約束されたことを成し遂げられないだろうか。
(民数記23章19節)

1. 「ビジョン」を持つこと

神様の豊かな祝福を得るには、まず、「ビジョン」を持つことが大切です。
ビジョンとは、言い換えれば、目標。希望や理想とも言えるでしょうか?

「あれが欲しい!」「ああしたい!」「ああなりたい!」という、明確で、具体的なビジョンを持つ ことが大切です。

何の目的もなく、祝福を得ることは出来ません。

欲しいものもやりたいことも何も思いつかないようでしたら、まず、ビジョンを与えてもらえるように、神様にお祈りすることから始めてみて下さい^ ^

2. ビジョンを書く

ビジョンがあるのなら、また与えられたら、それをしっかり文字で書き写しましょう。

主は私に答えて言われた。
幻を書きしるせ。
これを読む者が急使として走るために、
板の上にはっきり書きしるせ。
(ハバクク書2章2節)

ハバクク書には「これを読む者が急使として走るために」とありますが、しっかり書き写すことによって、より明確になり、実現に近付くようです。

3. 祈りによってビジョンを想像する

何か欲しいものがあるなら、それを手に入れた時のことを想像しながら祈って下さい。
なりたい自分があるなら、そうなった姿を想像して祈って下さい。
やりたいことがあるのなら、それをやっている自分の姿を想像しながら祈って下さい。

イライジャ先生は、車が欲しいとお祈りしていた時、それを手に入れた自分を想像して、車庫でエア洗車やエア車磨きをしていたそうです。

ただ漠然と祈るのではなく、ビジョンをイメージとして思い描きながら祈ることが大切です。

4. ビジョンが実現するように命じる

16 そのようなわけで、世界の相続人となることは、信仰によるのです。それは、恵みによるためであり、こうして約束がすべての子孫に、すなわち、律法を持っている人々にだけでなく、アブラハムの信仰にならう人々にも保証されるためなのです。「わたしは、あなたをあらゆる国の人々の父とした。」と書いてあるとおりに、アブラハムは私たちすべての者の父なのです。
17 このことは、彼が信じた神、すなわち死者を生かし、無いものを有るもののようにお呼びになる方の御前で、そうなのです。
(ローマ人への手紙4章16-17節)

ここで上記の御言葉が紹介されたのですが、ちょっと、意味がよく分かりませんでしたm(_ _)m

例えば、優しい人になりたかったら「○○(自分の名前)よ、優しい人になりなさい!」とか、自分で自分に命令してみればいいんですかね??

やってみる価値はあるかもしれません。

5. ビジョンを宣言する

旧約聖書の創世記に出てくるアブラハムは、ある時、神様から命じられて名前を変えました。

「アブラム(高貴なる父)」から「アブラハム(大いなる国民の父)」になるんですよね。
同時に妻のサライも「サラ(大いなる国民の母)」に改名。

その時、すでに年を取っていたけれど、神様から「あなたの子孫を星の数ほど増やす」と約束されたアブラハム。

自らの名前を「大いなる国民の父」と名乗ることによってビジョンを宣言することが、彼には必要だったのかもしれません。

名前を変えなくてもビジョンを宣言する方法はいくらでもあるかとは思います。

でも、名前として名乗ってしまう効果は、絶大かもしれませんね。

作家や芸能人以外で本名以外の名前を名乗る人は少ないですが、今はSNSの普及で、多くの人がハンドルネームを持っていると思います。

ハンドルネームをビジョンを宣言した名前に変えて、ツイッターやインスタグラムにビジョンを呟きまくったり、ビジョンをイメージした写真を投稿しまくるというのも、ありかもしれません(笑)

6. ビジョンに生きる

ビジョンに生きる、と言われると、ちょっと難しく聞こえますが、「ビジョンが実現したものと思って生きる」と言い換えれば、分かりやすいかと思います。

だからあなたがたに言うのです。祈って求めるものは何でも、すでに受けたと信じなさい。そうすれば、そのとおりになります。
(マルコ11章24節)

イライジャ先生は、たくさんの教会を開拓されている方とのこと。
教会を新規開拓する時、まず、礼拝の参加者を60人にすることを目標にするのだそうです。

すでに60人いるものと思って、60人分の聖書や賛美歌を用意しているとのこと。
当然、妄想するだけでなく、ちゃんとそのために必要な費用なども計算して、それが与えられるように祈ります。

すると、ちゃんと60人集まるのだそうです。

60人集まったら、次は120人を目指して祈ります。

7. ビジョンの実現を神に感謝する

欲しかった物が手に入ったり、目指していた目標が実現したら、当然、神様に感謝しないといけませんね。

でも、感謝するのは、現実に実現した時だけではありません。

実現する前から「すでに実現したものと思って、感謝する」ことが大切です。

これは先の「ビジョンを宣言すること」と「ビジョンに生きること」にも繋がります。

感想・まとめ

この日語られた内容って、多分、世に多く出ているビジネス書や、ライフハック系のサイトにも書かれていることが多いのではないかと思います。

ただ、「祈ること」と「神様に感謝する」の項目がないだけで。。。

個人的には、最後の「実現したものと思って神に感謝する」というのは、一番心に響きました。

これが一番大事なことなんじゃないかと思いました!

とりあえず今日から、ツイッターに「主の愛と栄光を証しするブログが書けておりますことを感謝します!私のブログを読んで下さった方は主に導かれて救われることを感謝します!」と、呟きまくろうと思います(笑)

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

スポンサーリンク