[ai] 申命記4章 モーセの勧告〜律法のまえがき | ペパーミントパラダイス

[ai] 申命記4章 モーセの勧告〜律法のまえがき

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日は申命記4章を読みました。

申命記4章

[ai] 申命記3章 バシャンの王オグとの戦い〜モーセの願い の続きです。

本章には

  • モーセの勧告(1-14節)
  • 偶像礼拝に対する警告(15-40節)
  • 逃れの町(41-43節)
  • 律法のまえがき(44-49節)
  • ※サブタイトルは新共同訳聖書より

について書かれていました。

以下は、受洗1年5ヶ月目のわたしが本章を読んだ感想です。

解釈には注釈、解説書、教会で得た知識等を総動員させていただいておりますが、聖書について詳しくお知りになりたい方は、お近くの教会へ行って、牧師先生に聞いてみて下さいね^ ^

モーセの勧告(1-14節)

この章の冒頭は、以下のような言葉で始まっています。

イスラエルよ。今、わたしが教える掟と法を忠実に行いなさい。そうすればあなたたちは命を得、あなたたちの先祖の神、主が与えられる土地に入って、それを得ることが出来るであろう。(1節)

神様の教えと律法を忠実に守るように言われています。

この律法は完璧なものであるから、きちんと守れば、他国の人たちから「これだけ思慮に富んだ素晴らしい民はない」 と絶賛される、と、モーセは言っています。

このことを子や孫にも教えて伝えるように、と言われています。

逆に守らなければ、滅ぼされる、と、勧告しています。

偶像礼拝に対する警告(15-40節)

偶像礼拝に対して、とても長く警告されています。

移動生活が終わって、定住の地を持つことは、落ち着くと同時に、堕落の危険でもありました。

その土地の生活に慣れて、神様のことを忘れ、偶像を作って拝むようになったら、神様は必ずそのような民を滅ぼすと警告されています。

その土地から追い出し、散り散りになってわずかな人しか生き残らない。

でも、神様のことを思い出し、心と魂を尽くして求めるならば、神様は必ず顧みて下さると書かれています。

偶像礼拝をしたらこんな悪いことが起こる、ということが長々と書かれています。

それは、後々の代になって、実現することになります。

逃れの町(41-43節)

その後モーセは、誤って人を殺してしまった人が逃れるための「逃れの町」を定めました。

参照 : [ai] 民数記35章 レビ人の町〜逃れの町

場所は、以下の三箇所です。

ルベン領のべツェル
ガド領ギレアドのラモト
マナセ領バシャンのゴラン

律法のまえがき(44-49節)

「これから述べることは、モーセがカナン入国の直前に民に話して聞かせた律法です」というまえがきが書かれています。

ヨルダン川の東、占領したシホンの領土に当たる谷で話されたとのことです。

具体的な内容は、次の5章に続きます。

参照 :

感想

「神様の教えを、子や孫にも聞かせて話すように」ということが、申命記で一番強調されていることなのだそうです。

子供の頃は偶像崇拝していたけれど、大人になってからイエス様の存在を知った人と、子供の頃から教えを聞いて育った人とでは、やはり、理解度が違いますもんね。

そういう私は、二世クリスチャン。

両親ともにクリスチャンで、父親は生前、牧師でした。

子供の頃から教えを聞いて育ちました。

家に仏壇はなかったし、神社に初詣に行く習慣もありませんでした。

反発して、イエス様が信じられなくて離れていた時期もあったけれど、ずっと子供の頃から聞いて育っていたので、離れている間も、どこかで信じている気持ちはあった気がします。

特に、偶像に対して手をあわせることに対しては、罪悪感があって出来なかったですからね。

生まれた時からクリスチャン家庭に育ったクリスチャンはエリートで、そうでない奴は下っ端、とか、そういう話がしたいわけではありません。

どんな家庭に育とうとも、神様はあなたに対してだけの計画を持っておられます。

でも、神様を信じたのであれば、そのことをご自身のお子さんやお孫さんにも、伝えていってあげほしいです。

教えないことには、お子さんはイエス様のことを知ることが出来ません。

知らないことには、信じることも、信じない選択をすることも、出来ないですからね。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

次回は [ai] 申命記5章 十戒〜神の言葉を取り次ぐ者 についてお届けいたします。

お楽しみに!

スポンサーリンク







[ai] 申命記4章 モーセの勧告〜律法のまえがき
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク