[ai] 申命記32章 モーセの歌〜ネボ山に登れ | ペパーミントパラダイス

[ai] 申命記32章 モーセの歌〜ネボ山に登れ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日は申命記32章を読みました。

スポンサーリンク




申命記32章

[ai] 申命記31章 ヨシュアの任命〜モーセの歌 の続きです。

本章には

  • モーセの歌(31章続き、1-44節)
  • モーセの最後の勧告(45-47節)
  • ネボ山に登れ(48-52節)
  • ※サブタイトルは新共同訳聖書より

について書かれていました。

以下は、受洗1年7ヶ月目のわたしが本章を読んだ感想です。

解釈には注釈、解説書、教会で得た知識等を総動員させていただいておりますが、聖書について詳しくお知りになりたい方は、お近くの教会へ行って、牧師先生に聞いてみて下さいね^ ^

モーセの歌(31章続き、1-44節)

31章終わりで語られていた、歌の内容が書かれています。

31章の最後には、約束の地カナンに入国後、イスラエル人は確実に堕落して神様に背くようになるので、その時にもう一度神様に立ち返ることが出来るよう、この歌を代々語って聞かせるように、と命じられています。

その歌の内容です。

イスラエルのこれまで歩んだ歴史から、これから起こる背信の罪の預言、さらにその先の救いについて、詩形式で語られています。

モーセの最後の勧告(45-47節)

モーセは全イスラエル人に語り終えると、最後に

「今日わたしが語ったことを心に留め、子供達にも教えて守らせるように」

と念を押しました。

そして、「これらのことはあなたたちの命である」とも。

ただ辛くて厳しいだけのことなのではなく、これを守ることによって、幸せになれるのだよということだと思います。

ネボ山に登れ(48-52節)

これらの説教を終えたその日、神様はモーセに、ネボ山(やま)に登るようにお命じになりました。

そこでカナンの地を見渡したあと、モーセはそこで、先祖の列に加えられる(=この世の生涯を終える)ことになります。

参考文献

以下の解説書を参考にさせていただきました。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

次回は [ai] 申命記33章 モーセの祝福 についてお届けいたします。

お楽しみに!

スポンサーリンク







[ai] 申命記32章 モーセの歌〜ネボ山に登れ
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする