[ai] 申命記31章 ヨシュアの任命〜モーセの歌 | ペパーミントパラダイス

[ai] 申命記31章 ヨシュアの任命〜モーセの歌

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日は申命記31章を読みました。

スポンサーリンク




申命記31章

[ai] 申命記30章 モアブで結ばれた契約 の続きです。

本章には

  • ヨシュアの任命(1-8節)
  • 七年ごとの律法の朗読(9-13節)
  • 神の最後の指示(14-29節)
  • モーセの歌(30節、32章に続く)
  • ※サブタイトルは新共同訳聖書より

について書かれていました。

以下は、受洗1年7ヶ月目のわたしが本章を読んだ感想です。

解釈には注釈、解説書、教会で得た知識等を総動員させていただいておりますが、聖書について詳しくお知りになりたい方は、お近くの教会へ行って、牧師先生に聞いてみて下さいね^ ^

ヨシュアの任命(1-8節)

モーセが全イスラエルの民の前で、従者のヨシュアが後継者となることを宣言。

ヨルダン川を渡ることの出来ないモーセに代わり、ヨシュアが民を率いて約束の地の導き入れることが告げられます。

(ヨシュアが後継者となることは前にも告げられていますが、ヨルダン川を渡って約束の地に入るにあたって、改めて宣言されています)

ヨシュアと全イスラエルの民に向かって「強くあれ。雄々しくあれ」と鼓舞しています。

強く、また雄々しくあれ。恐れてはならない。彼らのゆえにうろたえてはならない。あなたの神、主は、あなたと共に歩まれる。あなたを見放すことも、見捨てられることもない。(6節)

※モーセがヨルダン川を渡ることの出来ない理由は、下記記事をご参照のこと。

参照 : [ai] 民数記20章 メリバの水〜アロンの死

七年ごとの律法の朗読(9-13節)

モーセは律法を全て書き移すと、それを祭司とイスラエルの長老たちに与え、七年に一回、これを全民の前で朗読するように命じています。

(寄留者も含む全民の集まる仮庵祭で、朗読するように、とのこと)

民たちが神様を恐れ、また、まだ律法を学んでいない子供たちが律法を学ぶためだそうです。

神の最後の指示(14-29節)

神様は、モーセに彼の死期の近いことを告げると同時に、モーセの死語、民は直ちに堕落することを告げられました。

(神様の言われる「直ちに」は、人の思っている直ちによりは長いスパンが考えられますが)

その時に備えて、歌を歌い継がせるように命じられています。

19節で「この歌をイスラエルの人々に対するわたしの証言としなさい」とありますが、意味は、ちょっと分かりません(^_^;)

モーセの歌(30節、32章に続く)

モーセはイスラエルの全会衆に、その歌を余すところなく語り聞かせます。

歌の内容は、32章に続きます。

感想

もうすぐ死ぬと言われたうえ、死んでまもなく民は堕落するなんて言われたら、安心して死ねないですよね(^_^;)

神様はなんて酷なことをおっしゃるんだと思いました(苦笑)

ていうか、それじゃあ今までの説教は何だったんだよ!?という感じですよね(⌒-⌒; )

でも、モーセが死んで民が堕落して終わりではなく、その時に備えての歌を託して下さいました!

「神様のご計画は壮大すぎて、人の理解をはるかに超えているのだ!」とは、よく言われますが……

堕落するのを未然に防ぐより、一度堕落してもう一度立ち返る方が、結果として神様の栄光を現し、民が神様の恵みを知ることが出来るから、ということなのでしょうか??

続きを楽しみに読みたいと思います。

参考文献

以下の解説書を参考にさせていただきました。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

次回は [ai] 申命記32章 モーセの歌〜ネボ山に登れ についてお届けいたします。

お楽しみに!

スポンサーリンク







[ai] 申命記31章 ヨシュアの任命〜モーセの歌
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする