[ai] 申命記28章 神の祝福〜モアブで結ばれた契約 | ペパーミントパラダイス

[ai] 申命記28章 神の祝福〜モアブで結ばれた契約

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日は申命記28章を読みました。

申命記28章

[ai] 申命記27章 石に掟を書き記せ〜呪いの掟 の続きです。

本章には

  • 神の祝福(1-14節)
  • 神の呪い(15-68節)
  • モアブで結ばれた契約(69節、29章へ続く)
  • ※サブタイトルは新共同訳聖書より

について書かれていました。

以下は、受洗1年7ヶ月目のわたしが本章を読んだ感想です。

解釈には注釈、解説書、教会で得た知識等を総動員させていただいておりますが、聖書について詳しくお知りになりたい方は、お近くの教会へ行って、牧師先生に聞いてみて下さいね^ ^

神の祝福(1-14節)

神様に従い、この申命記で語られているあらゆる律法を守るなら、ありとあらゆる全てのことが祝福されると言われています。

具体的には、
収穫があり、
子孫や家畜が繁栄し、

お金にも食べるものにも事欠かず、
敵が攻めてきても守られ、
あらゆる問題も神様が解決に導いてくれて、

他の国々からも尊敬されて、
神様の民とされ、
他国の人々を従えるようになる。

と、いったところでしょうか?

そのためにも、「教えを忠実に守り、他の神々に仕えてはならない」と、最後に厳しく締められています。

神の呪い(15-68節)

逆に、神様の教えを守らなければ、ありとあらゆる呪いが訪れると警告されています。

書かれていることは、祝福と反対の内容のことに加えて、その先の悲惨な生活が長々と。。。

あらゆる疫病に襲われ、
食べ物が無くて自分の子供の肉を食べ、

敵に捕まって搾取され、
エジプトでの奴隷生活以上の悲惨な日々が訪れ、
精神が錯乱して、速やかに滅びる、と。。。

祝福が14節なのに対し、呪いについての記述は53節分もありますね。

ここに書かれている内容は、預言としてではなく、一般論として言われたことのようなのですが、後に実現していることが多いようです。

モアブで結ばれた契約(69節、29章へ続く)

これは実質、次の章の1節扱いでいいと思うのですが、新共同訳聖書ではここまでが28章に区切られているので、一応。

神様がホレブ山でイスラエルと結んだ契約とは別に、モアブの地で契約を結ばれました。

内容は次章に続きます。

感想

私が気になったのは、祝福の段落に書かれていた以下の箇所。

地上のすべての民は、あなたに主の御名が付けられるのを見て、あなたに畏れを抱く。(10節)

そして、呪いの段落に書かれていた、以下の箇所。

主があなたを追いやられるすべての民の間で、あなたは驚き、物笑いの種、嘲りの的となる。(37節)

37節の「驚き」は、別の訳では「恐怖」と訳されています。

要するに、恐怖の対象、ということ。

これは、イスラエル人自身が恐怖の対象という意味ではなく、神様に逆らったイスラエル人の悲惨な姿を見て、神様に対して恐怖を抱くという意味になります。

祝福されている時は祝福されている姿が神様の栄光を表し、

呪われている時は、悲惨な姿が神様の栄光を表している、ということですね。

どの道神様は、ご自身の栄光を現されるのだなと思いました。

逆らっても、逆らいきることは出来ないのだな、と。

やはり神様は、神様なんですね。

参考文献

以下の解説書を参考にさせていただきました。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

次回は [ai] 申命記29章 モアブで結ばれた契約 についてお届けいたします。

お楽しみに!

スポンサーリンク







[ai] 申命記28章 神の祝福〜モアブで結ばれた契約
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク