[ai] 民数記19章 清めの水 | ペパーミントパラダイス

[ai] 民数記19章 清めの水

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日は民数記19章を読みました。

民数記19章

[ai] 民数記18章 祭司とレビ人に関する規定 の続きです。

本章には

  • 清めの水(1-22節)
  • ※サブタイトルは新共同訳聖書より

について書かれていました。

以下は、受洗1年3ヶ月目のわたしが本章を読んだ感想です。

解釈には注釈、解説書、教会で得た知識等を総動員させていただいておりますが、聖書について詳しくお知りになりたい方は、お近くの教会へ行って、牧師先生に聞いてみて下さいね^ ^

清めの水(1-22節)

神様はモーセとアロンに命じられました。

「まだ軛(くびき)を引いたことのない、無傷の赤毛の雌牛を焼いて灰にし、清めの水を作るために使いなさい」

軛とは、親牛と子牛を繋いで、畑を耕させるためのもの。

軛を引いたことのない牛は、まだ労働についたことのない、元気な状態です。

雄牛ではなく雌牛なのは、子を産む雌が命の象徴であるから。

つまり、無傷で、元気で、命に溢れた状態の牛である必要があったのです。

この雌牛を燃やして作られた灰は、清めの水を作るのに利用されます。

新鮮な湧き水にこの灰と、ヒソプの葉を入れて作ったものが、清めの水です。

死体や墓場に触れたり、同じ建物の中で誰かが死んだ場合、その人は汚れます。

このような汚れを受けた場合、3日目と7日目に、汚れていない人に清めの水をかけてもらい、7日目に服と体を洗って、夕方になって初めて清められるとのこと。

身を清めない者は、民の中から絶たれるそうです。。。

感想

出エジプト記から続く律法は、清くあることを徹底して教えていますね。

神様の民は清くなければならない。

神様に仕える祭司は、特に清くなければならない。

なぜなら、神様は清いお方だから。

汚れたまま神様に近付いてはいけないと、言われているようです。

神様に近付くようにと、言われているようです。

でも、正直、凄く面倒くさい。

この世は悪魔の支配にある王国なので、清く生きていくことは、とても難しいことであることを思い知らされます。

神様から阻むものがたくさんあることを、思い知らされます。

でも、面倒になって神様に近付くことをやめてしまったら、それは人が本当に生きている状態とは言えない。

この世で生きていくことって、凄く凄く凄ーーーく、大変なことだなぁと思いました。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

次回は [ai] 民数記20章 メリバの水〜アロンの死 についてお届けいたします。

お楽しみに!

スポンサーリンク







[ai] 民数記19章 清めの水
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク