[ai] 民数記15章 献げ物に関する補足〜衣服の房 | ペパーミントパラダイス

[ai] 民数記15章 献げ物に関する補足〜衣服の房

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日は民数記15章を読みました。

民数記15章

[ai] 民数記14章 民の反抗〜土地侵入の最初の企て の続きです。

本章には

  • 献げ物に関する補足(1-31節)
  • 安息日の違反(32-36節)
  • 衣服の房(37-41節)
  • ※サブタイトルは新共同訳聖書より

について書かれていました。

以下は、受洗1年3ヶ月目のわたしが本章を読んだ感想です。

解釈には注釈、解説書、教会で得た知識等を総動員させていただいておりますが、聖書について詳しくお知りになりたい方は、お近くの教会へ行って、牧師先生に聞いてみて下さいね^ ^

献げ物に関する補足(1-31節)

「新しい土地に入ったらこのように献げ物をしなさい」と、神様がモーセを通じてイスラエルの民に命じています。

内容は過去の章ですでに出て来ていることばかりなようですが、補足事項も加えられているようです。

(献げ物に関する規定は正直あまり覚えきれていないので、詳細はあしからず)

前の章で神様に逆らった人達は、新しい土地に入ることは出来ないので、次の代のために繰り返し言われたものと思われます。

安息日の違反(32-36節)

あらゆるお仕事を休んで礼拝しなければならない安息日に、薪を拾うという違反を行った男がいました。

彼はモーセとアロンのところに連行されましたが、どのような処罰をすべきか、神様から道が示されていなかったので、留置されました。

やがて神様は、モーセに「石打ちの刑にするように」と言われたので、彼は石打ちの刑にされました。

衣服の房(37-41節)

神様はモーセを通して、イスラエルの民に言いました。

「衣服の四隅に房を縫い付け、その房に青い紐を結びなさい」

青は深さの色、愛の色、空の色、湖の色、希望の色、永遠の色、天国の色という意味があるそうです。

これを見るとき、人々が神様のことを思い起こし、自分の欲望や目に見えるものに惑わされないように、とのこと。

聖なる者になりなさい、とのことです。

……新約聖書のパリサイ人達は、この房を長くして見せびらかすようになったそうですが(^_^;)

感想

青は知性や冷静さを思い起こす色、という印象がありますが、聖書に書かれていると、ますます納得しますね。

色彩心理学では、意識していなくても、身につけているものの色によって、その人の深層心理に関わるのだとか。

私も青は好きです。

神様を思い起こさせる色だから、なんですかね?(笑)

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

次回は [ai] 民数記16章 コラ、ダタン、アビラムの反逆 についてお届けいたします。

お楽しみに!

スポンサーリンク







[ai] 民数記15章 献げ物に関する補足〜衣服の房
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク