[ai] 放蕩息子。あなたは兄型か?弟型か? | ペパーミントパラダイス

[ai] 放蕩息子。あなたは兄型か?弟型か?

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

2016年6月26日 草加神召教会リバーサイドチャペルのメイン礼拝に参加させていただきました。

草加神召キリスト教会リバーサイドチャペルのメイン礼拝

草加神召キリスト教会リバーサイドチャペルは、東京スカイツリーライン 松原団地駅より徒歩5-10分ほどのところにある教会です。

メイン礼拝は毎週日曜日 11時から13時頃まで行われているメインの礼拝です。

詳しくは下記教会HPをご確認いただければと思います。

=== リバーサイドチャペル 草加神召キリスト教会 ===

この日のメッセンジャー

この日は主任牧師の天野先生がお話して下さいました^ ^

兄に焦点を当てた放蕩息子の話

この日は有名な放蕩息子のお話でした。

一般には弟に焦点を当てて話されることの多いこのたとえですが、今回天野先生は、兄にも注目してお話しして下さいました。

わたしは長年、このたとえ話の兄の意義は何なんだろう?と疑問に思っていましたが、この日ようやく、その答えが分かりました!

聖書の該当箇所は以下の通りです。

11 またこう話された。
「ある人に息子がふたりあった。
12 弟が父に、『おとうさん。私に財産の分け前を下さい。』と言った。それで父は、身代をふたりに分けてやった。
13 それから、幾日もたたぬうちに、弟は、何もかもまとめて遠い国に旅立った。そして、そこで放蕩して湯水のように財産を使ってしまった。
14 何もかも使い果たしたあとで、その国に大ききんが起こり、彼は食べるものにも困り始めた。
15 それで、その国のある人のもとに身を寄せたところ、その人は彼を畑にやって、豚の世話をさせた。
16 彼は豚の食べるいなご豆で腹を満たしたいほどであったが、だれひとり彼に与えようとはしなかった。
17 しかし、我に返ったとき彼は、こう言った。『父のところには、パンがあり余っている雇い人が大ぜいいるではないか。それなのに、私はここで、飢え死にしそうだ。
18 立って、父のところに行って、こう言おう。「おとうさん。私は天に対して罪を犯し、またあなたの前に罪を犯しました。
19 もう私は、あなたの子と呼ばれる資格はありません。雇い人のひとりにしてください。」』
20 こうして彼は立ち上がって、自分の父のもとに行った。ところが、まだ家までは遠かったのに、父親は彼を見つけ、かわいそうに思い、走り寄って彼を抱き、口づけした。
21 息子は言った。『おとうさん。私は天に対して罪を犯し、またあなたの前に罪を犯しました。もう私は、あなたの子と呼ばれる資格はありません。』
22 ところが父は、しもべたちに言った。『急いで一番良い着物を持ってきて、この子に着せなさい。それから、手に指輪をはめさせ、足にくつをはかせなさい。
23 そして肥えた子牛を引いて来てほふりなさい。食べて祝おうではないか。
24 この息子は、死んでいたのが生き返り、いなくなっていたのが見つかったのだから。』
25 ところで、兄息子は畑にいたが、帰って来て家に近づくと、音楽や踊りの音が聞こえて来た。それで、
26 しもべのひとりを呼んで、これはいったい何事かと尋ねると、
27 しもべは言った。『弟さんがお帰りになったのです。無事な姿をお迎えしたというので、おとうさんが、肥えた子牛をほふらせなさったのです。』
28 すると、兄はおこって、家にはいろうともしなかった。それで、父が出て来て、いろいろなだめてみた。
29 しかし兄は父にこう言った。『ご覧なさい。長年の間、私はおとうさんに仕え、戒めを破ったことは一度もありません。その私には、友達と楽しめと言って、子山羊一匹下さったことがありません。
30 それなのに、遊女におぼれてあなたの身代を食いつぶして帰って来たこのあなたの息子のためには、肥えた子牛をほふらせなさったのですか。』
31 父は彼に言った。『おまえはいつも私といっしょにいる。私のものは、全部おまえのものだ。
32 だがおまえの弟は、死んでいたのが生き返って来たのだ。いなくなっていたのが見つかったのだから、楽しんで喜ぶのは当然ではないか』」
(ルカのよる福音書15章11-32節)

放蕩息子の概要と兄の意義

イエス・キリストが話したとされる放蕩息子のたとえの内容は、上記聖書の箇所の通りです。

父=父なる神様、弟=罪人であるわたしたち人間を表しています。

神様に背いて、好き放題に生きて、結果ボロボロになっても、全き愛のお方である神様は、わたしたちが神様のもとに戻ってくるのをずっと待っておられる。

そして戻ってきたら、抱きしめて迎えてくれて、喜んで盛大な宴会を開いて下さるお方ですよー、という、たとえ話です。

でも、ここで一つ疑問が。

そう。もう一人の息子の兄の存在です。

自分勝手な罪人である息子を、父である神様が全き愛で抱きしめてくれるというだけの例えなら、優等生の兄の存在は、必要ありません。

父=神様、息子=罪人であるわたしたち、で、十分なはず。

このたとえの中で、兄が指しているものとは、一体何なのでしょうか?

兄も弟も、同じ罪人を表していた!

結論から言うと、兄も弟も、同じ罪人を表しています。

でも違うのは、兄は選民イスラエルを表し、弟は異邦人を表しているということ。

なるほど!そう考えれば納得です。

優等生の兄と、好き放題な弟。

対照的なようですが、よくよく紐解いていくと、共通点もかなり多いことが分かります。

体裁保持型の兄

兄は選民イスラエルを表しているので、表向きはきちんとしています。

ちゃんと父の戒めを守り、父のもとで真面目に働いています。

真面目に一生懸命働いてきたのに、自分には子山羊一匹プレゼントされたことがなくて、好き放題やって財産食いつぶした弟には肥えた子牛をほふるなんて、ふつうに考えたら腹立ちますよね。

わたしが兄の立場だったら、今まで真面目にやってきた俺の苦労はなんだったんだ、と思うと思います。

天野先生は、兄の怒りのポイントを、以下のようの分析。

  1. 相対的価値観(競争、学歴、比較、対照、人本主義)
  2. 感情的束縛(マイナス的)
  3. 自己義(裁きの根) ……わたしは正しいのに!そこには裁きの土台がある。

人と比較する相対的価値観で物事を判断し、
我慢して一生懸命働いてきたのに、という思い、
そして、そんな俺は正しいのに!という思い上がった心がある、ということです。

心からお父さんに仕えていたのではなく、お父さんに褒められたい、周りに良く思われたいという思いで働いていた、と考えることが出来ます。

心から仕えていたのであれば、働くことは苦でないはずだし、お父さんが喜んでいたら自分も嬉しいと思えるはずですもんね。

お父さんのもとにいることで、様々なことから守られ、恵まれて恩恵を受けているのに、それが当たり前になってしまって、「お父さんは俺には何もしてくれない!」となってしまっているのです。

残念なことに、こういうのって、失って初めて気付くことが多いのですm(_ _)m

欲求追求型の弟

一方、異邦人を表している弟は、選民イスラエルと違って、神様の戒めを守らなければ、という気負いがありません。

ただただ、自分の欲求に正直に生きています。

本当はお父さんのもとでとても恵まれて守られているのに、それが当たり前になってしまって、退屈に感じてしまう。

だから、外に出れば何かが変わると錯覚し、根拠のない自信をもって出て行きますが、世間知らずで客観性の欠如している弟は、世間の荒波に飲まれ、痛い目にあいます。

そして、何もかもを失って初めて、自分は父のもとでとても恵まれていたのだと思い知りました。

自分自身の内面の問題が原因で仕事が上手くいっていない、人間関係が上手くいっていないのに、環境を変えれば全てがうまくいくと安易に考えてしまう人は、弟型であると考えることが出来ます。

自身の内面の問題を解決しないで他の場所へ逃げても、神様はそこで同じ問題をあなたに与えられます。

環境そのものに問題がある場合は別ですが、どこへ行っても何故か同じような問題が起こる、同じような人に悩まされる、ということなら、それは神様があなたに与えられた課題であると考えて、しっかり向き合わないといけません。

決定的な違いは・・・

こうして見てみると、この兄と弟、本質的にはさほど変わらないですよね。

どちらも未熟で、お父さんのそばにいることがどれだけ恵まれていることなのか、分かっていません。

でも、決定的な違いは、弟はそのことに気付いて、お父さんの前に悔い改めたことです。

異邦人は悔い改めたけど、イスラエル人は悔い改めなかった。

そう考えると、これの意味するところが、とても深いように思えます。

感想

今回のお話を聞いて、ようやく兄の存在意義を理解することが出来ました!

どちらも同じ罪人を表していたんですね。

自分が兄型の罪人か弟型の罪人かと聞かれたら、多分多くの人が、どちらの側面も持っているのではと思います。

わたしも、どちらにも思い当たる節はありますが……どちらかというと、弟型、ですかね?

牧師家庭に生まれて、生まれた時からキリスト教が当たり前の生活をしていることに危機感を覚え、これが当たり前の生活がとにかく嫌で反抗してイエス様から離れた時期があったので(^_^;)

最初から無条件の愛で愛してくれる神様に愛されたところで何になる、と、思い上がっていました。

神様の与えて下さる無条件で無限大の愛が、どれだけ素晴らしいものなのか、全然分かっていませんでした。

恵みと加護が当たり前になる、って、恐ろしいですねm(_ _)m

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







[ai] 放蕩息子。あなたは兄型か?弟型か?
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク