[ai] 復活(イースター) | ペパーミントパラダイス

[ai] 復活(イースター)

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

日付は変わってしまいましたが(^_^;)
昨日はイエス・キリストの復活の日・イースターです!

受難週〜イースターにかけて書いてきた本企画も、いよいよ大詰めです。

スポンサーリンク




2016年 受難週〜イースターブログについて

今通っている草加神召キリスト教会リバーサイドチャペルにて、このようなカードをいただきました。

受難週の出来事が全て、時系列順に、各福音書別に該当箇所を載せてくれています。

何て親切な!

せっかくこのような貴重なものをいただいたので、この機会に日々該当箇所を読み、率直な感想をまとめてみることにしました。

よろしければ、最後までお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

復活(イースター)

[ai] 受難週⑥ ピラトの裁判・十字架の道と死・イエスの埋葬 の続きです。

該当箇所は、新約聖書の以下の箇所です。

(マタイによる福音書28章1-15節)

(マルコによる福音書16章1-11節)

(ルカによる福音書24章1-12節)

(ヨハネによる福音書20章1-31節)

安息日があけると、イエス様の弟子だったマグダラのマリヤと他のマリヤたちは、もう一度イエス様をきちんと葬ろうと、香油を持ってお墓に行きました。

でも、行ってみるとお墓の入り口の石が動かされていて、中にイエス様の遺体はありません。

そこに御使いが現れ、彼女たちに「あなたがたはなぜ、生きている方を死人の中から探すのですか?行って、このことを弟子たちに伝えなさい」と言いました。

彼女たちはあまりの出来事に、恐ろしくて気が動転してしまいましたが、その後彼女たちの前に復活のイエス様が現れたので、信じることが出来ました。

そのことを弟子たちに伝えに行きます。

弟子たちも初めは信じませんでしたが、そこにどこからともなく復活のイエス様がポッと現れ、お話をされたので、信じました。

大筋は、こんな感じです。

マタイの福音書では、マリヤたちがお墓に来た時に地震が起きて、石が動いて、お墓の門番たちが死人のように動かなくなって、そこに御使いが現れ、その後彼女たちの前にイエス様が「おはよう」と言って現れることになっています。

でも他の福音書では、マリヤたちがお墓に行ったらすでに入り口の石が動いていて、中に入ったら遺体がなくて、そこに御使いが現れることになっていて、細かい部分は微妙に時系列が違っています。

ただ、男の弟子たちは人目を恐れて小さくなっていたけれど、マリヤたちはお墓に行ったこと、御使が現れたこと、イエス様が生き返られたこと、マリヤや弟子たちの前に現れたことは、共通しています。

大事なことは、ただ一つ。

イエス・キリストが、死人の中から蘇ったということ。

ハッピー・イースター!

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

次回は [ai] 復活(イースター)後 に続きます。

お楽しみに。