[ai] 幸せな人生とは?山上の垂訓から学ぶ聖書的原則 | ペパーミントパラダイス

[ai] 幸せな人生とは?山上の垂訓から学ぶ聖書的原則

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

2016年1月24日 草加神召教会リバーサイドチャペルのメイン礼拝に参加させていただきました。

草加神召キリスト教会リバーサイドチャペルのメイン礼拝

草加神召キリスト教会リバーサイドチャペルは、東京スカイツリーライン 松原団地駅より徒歩5-10分ほどのところにある教会です。

メイン礼拝は毎週日曜日 11時から13時頃まで行われているメインの礼拝です。

詳しくは下記教会HPをご確認いただければと思います。

=== リバーサイドチャペル 草加神召キリスト教会 ===

この日のメッセンジャー

主任牧師の天野弘昌先生がお話しして下さいました。

幸いな人生を過ごすために〜聖書的な原則は?〜

世の中には、色々な幸福論があります。

映画「男はつらいよ」の主人公・寅さんは「貧しくても暖かい家で団らんできることが幸せ」と言いました。

聖書辞典には「幸せは感覚で捉えるもので、理性で捉えようとする人は不幸」とあります。

イエス・キリストは、一度も自分を喜ばせたことはありません。

こう言うと、キリスト教をよく知らない方には「キリスト教って苦しむことが美徳、この世でひたすら苦しみ抜けば天国に行ける、って宗教なんだな」と誤解されてしまいますが、ここで言われている「喜び」は、肉的な快楽主義的な喜びのこと を指しています。

教会ではしばしば「肉的」「この世的」と「霊的」を対義語として用いることがありますが、これから語られる幸せは「霊的な」幸せのこと。

神様を知らない人は、肉的な喜び=幸せと思ってしまいますが、霊的な喜びはそれよりもはるかに大きなもの。

イエス・キリストは、表面的で一時的なこの世の幸せではなく、大きくて普遍的な霊的な喜びを求めた方と言えるでしょう。

その霊的な幸いについて、聖書ではこのように語られています。

3 「心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人のものだからです。
4 悲しむ者は幸いです。その人は慰められるからです。
5 柔和な者は幸いです。その人は地を相続するからです。
6 義に飢え渇いている人は幸いです。その人は満ち足りるからです。
7 あわれみ深い者は幸いです。その人はあわれみを受けるからです。
8 心のきよい者は幸いです。その人は神を見るからです。
9 平和をつくる者は幸いです。その人は神の子どもと呼ばれるからです。
10 義のために迫害されている者は幸いです。天の御国はその人のものだからです。
11 わたしのために、ののしられたり、迫害されたり、また、ありもしないことで悪口雑言を言われたりするとき、あなたがたは幸いです。
(マタイの福音書5章3-11節)

上記は、有名な山上の垂訓(山上の説教)の一部です。

幸せの定義は?

ここで、この世的な幸せと霊的な幸せについて、少し詳しく掘り下げていこうと思います。

①この世的な幸せ

この世的な幸せを指す言葉の代表格は、英語のHappy。
Happenの形容詞系で、「偶然、仕組み、歯車が噛み合う」という意味があります。

つまり、偶然様々ないいことが重なって味わえる幸せ であると言えるかと思います。

このような幸せは、ちょっとしたことでズレ、簡単に消えてなくなります。

②霊的な幸せ

霊的な幸せを表す言葉には、ギリシャ語の「マカルティー」というものがあります。

英語では「joyful」や「Blessed」と言い換えることが出来るでしょうか?

このマカルティーによる喜びは、時間や状況が変わっても不変の喜び。探しにいくものではなく、内側から湧き出るもの です。

マカルティーを知っているクリスチャン、マカルティーに満たされているクリスチャンは、幸いといえます!

霊的なというくらいですから、イエス・キリストの力なくして、マカルティーに満たされることはありえません。

山上の垂訓を紐解く

ではここで、さきほどの山上の垂訓の箇所を、詳しく紐解いていきましょう。

⑴心の貧しい者→心がへりくだり、謙虚で質素。対義語は驕り高ぶり、高慢。
⑵悲しむ者→「ペンセウ」=喪に服するという意味。悲しみの最も強い言葉。発狂するほどの悲しみ。慰めを拒むほどの悲しみ。
⑶柔和な人→D.ハーグナー : 圧政や搾取に歯向かえない。社会的弱者、絶望的立場の人々
⑷義に飢え渇く者→理不尽、不条理の中、義を叫ぶ人
⑸憐れみ深い者→宗教的意味 : 金、富、評判、生贄ではなく、混じり気のない、二心のない愛(憐れみ)

はっきり言って、どれもどん底ですね(^_^;)
この世の価値観では「不幸」と思われることばかりです。
これがどうして幸いなのでしょうか?

でも理由は、聖書に書かれている通りです。
神様は上記のような人達を放ってはおかれないのです!

今、イスラム圏では、急激にキリスト教徒が増えている

そのことを証明する、こんな事例があります。

今、イスラム圏では、急激にキリスト教徒が増えています。
ISの支配地域でも起きていることなのだそうです。

この地域で苦しんでいる方々の夢に、イエス・キリストが直接出てきて語りかけるのだそうです。語られた人は、それがすぐに主だと分かるとのこと。

この世の価値観では苦しんでいることには変わらないけれど、この人達の心は、マカルティーで満たされています。

当然、様々な弾圧や迫害はあります。

でも、心が神様の愛で満たされている人は、どんなに苦しくても、マカルティーで満たされているのです。

日本人はなぜ祈れないのか?

インドネシアでは、小さな子供たちですら、聖霊に満たされて、涙を流しながらお祈りします。
実際にその映像を見ましたが、心を打つものがありました。

でも日本のクリスチャンは、少しは祈っても、本当に祈りこむことが出来ません。
深刻な状況と言えます。

「先に救われているクリスチャンとして、自分の生活がそれに相応しいか考えてほしい」と、天野先生は言われました。

「この年に主のリバイバルが起こるように」とも。。。

それなりに豊かに生活している日本人にとって何が大事か?

では、今のところは戦争も貧困もない日本のクリスチャンは、どうすればいいのでしょうか?

戦争や貧困に苦しむ国にならないと、救われないのでしょうか?

そんなことはありません。そうならなくても救われる方法は、あります。

それは、以下のことを最優先にすることです。

「神の国とその義をまず第一に求めなさい。そうすれば、これらのものはすべて与えられます」

このことを怠り、先に救われたクリスチャンが神の国と神の義を求めなければ、神様はこの国を、戦争と貧困に苦しむようになさるかもしれない。

私には、そのように思えてなりません。

罪が熟して死に至る!

一方、アメリカはキリスト教国ではありますが、退廃しています。
本当の意味でのキリスト教国とは、言えません。

アメリカ人は、偶像崇拝はしないけれど、呪(まじな)いや肉体的快楽などに陥りやすいです。

その罪の行き着く先は死です。
罪が熟すると死に至ります。
死とは、永遠の滅びです。

でも、一部ではまだ、熱心な牧師さんたちが頑張っているから、支えられています。

今いるクリスチャンが変わらない限り、この国は変わらない

今いるクリスチャンが変わらない限り、この国は変わりません。

自分が救われただけで安心してはいけません。

伝道して、自分の家族や友人も救われるよう、働くべきです。

直接的な伝道が難しければ、まずは、祈ることです。

祈ることで、道が示されます。

道が示されたら、それに従って下さい。

「クリスチャンの義務だから仕方なく祈る」のではなく「神の国とその義とを求めて」「この国が神の義に満たされた神の国になれるよう」心から求めて祈って下さい。

今いるクリスチャンが全てそんな祈りが出来るようになれば、この国は変わるはずです。

以上、ペパーミントあいがお届けいましました!

スポンサーリンク







[ai] 幸せな人生とは?山上の垂訓から学ぶ聖書的原則
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク