[ai] 受難週⑥ ピラトの裁判・十字架の道と死・イエスの埋葬 | ペパーミントパラダイス

[ai] 受難週⑥ ピラトの裁判・十字架の道と死・イエスの埋葬

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日は受難週6日目 「ピラトの裁判・十字架の道と死・イエスの埋葬」の行われた日に当たります。

受難週に関するブログを書くことにしたきっかけ

今通っている草加神召キリスト教会リバーサイドチャペルにて、このようなカードをいただきました。

受難週の出来事が全て、時系列順に、各福音書別に該当箇所を載せてくれています。

何て親切な!

せっかくこのような貴重なものをいただいたので、この機会に日々該当箇所を読み、率直な感想をまとめてみることにしました。

よろしければ、最後までお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

受難週⑥-1 ピラトの裁判

[ai] 受難週⑤ 最後の晩餐・最後の教えと祈り・ゲッセマネの祈り・イエスの逮捕 の続きです。

該当箇所は、新約聖書の以下の箇所です。

(マタイによる福音書27章1-30節)

(マルコによる福音書15章1-19節)

(ルカによる福音書22章66節-23章25節)

(ヨハネによる福音書18章28節-19章16節)

祭司長たちは、イエス様をローマ総督のピラトに引き渡しました。

ピラトはイエス様には何の罪も見出せないと思いましたが、民衆があまりに「イエスを十字架につけろ!」と叫ぶものだから、その勢いに負けてしまいました。

ピラトの配下のローマ兵たちは、イエス様を鞭で打つと、紫の衣(=王様の服に見立てた衣)を着せ、いばらの冠をかぶせて「ユダヤ人の王ばんざい」などとからかったり、つばを吐いたり嘲笑したりしました。

受難週⑥-2 十字架の道と死

該当箇所は、新約聖書の以下の箇所です。

(マタイによる福音書27章31-56節)

(マルコによる福音書15章20-41節)

(ルカによる福音書23章26-49節)

(ヨハネによる福音書19章17-30節)

ピラトはイエス様を好きなようにするようにと、ユダヤ人たちに引き渡しました。

執行人たちはイエス様に元の衣を着せると、十字架を背負わせてゴルゴタ(どくろ)という処刑場へ連れて行きます。

酷なことに、十字架の刑は、囚人が自分が架かる十字架を自分で運ばねばなりませんでした。

道の途中、たまたまシモンというクレネ人(北アフリカのクレネというところに住んでいるユダヤ人)が通りかかると、兵士たちは彼にも無理やり十字架を運ぶ手伝いをさせました。

イエス様は十字架に架けられ、その右と左には強盗が架けられます。

イエス様の頭の上には「ユダヤ人の王イエス」という罪状書きが掲げられました。(ローマ皇帝に逆らった政治犯であることを意味します)

死刑執行にあたる兵士は、海面に含んだぶどう酒をイエス様に飲ませようとしましたが、お飲みになりませんでした。

この酸いぶどう酒は、十字架の痛みを麻痺させて軽減させるためのものでしたが、イエス様は、罪の贖いの苦しみを受けるために、あえて苦しむことを選択されました。

人々は「ユダヤ人の王なら、自分を救ってみろ」などと罵ります。

一緒に十字架に架けられた強盗も、一人は「キリストなら、自分と私たちを救ってみろ」イエス様を罵りましたが、もう一人の強盗は「我々は自分のしたことの報いを受けているのだから当たり前だ。でもこの方は違う」と、彼をたしなめます。

そして、イエス様に言いました。

「イエス様。あなたが御国の位におつきになるときは、私を思い出して下さい」

イエス様は彼に答えて言われます。

「あなたは今日、わたしとともにパラダイスにいます」

※他の福音書では、強盗は二人ともイエス様を罵ったことになっていますが、ルカの福音書だけに、このやり取りが書かれています。

その時、まだ12時頃でしたが、全地が暗くなって、それが3時頃まで続きます。

イエス様は苦しんで「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」と叫ばれました。

これは「わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか」という苦しみから出る言葉でしたが、祭司長たちはエリヤ(旧約聖書に出てくる預言者)に助けを求めていると勘違いしました。

そして最後に「父よ、わが霊を御手にゆだねます」と叫んで、息を引き取られました。

この光景を眺めていた執行人の百人隊長は、これらの出来事を見て「この方はまことに正しい方であった」と言いました。

そして、神殿の垂れ幕が真っ二つに裂けました。

※神殿の垂れ幕については、下記記事をご参照のこと。
[ai] 出エジプト記26章 幕屋を覆う幕〜天幕の入り口の幕

この垂れ幕は、大祭司が年に一回だけ入ることの許された至聖所を区切る垂れ幕。

これが裂けたということは、十字架の贖いが完了したことにより、人がイエス様を通して、いつでも神様に会いに行けるようになったことを意味します。

細かい時系列などはちょっと把握しきれていないのですが、大筋はこんな感じです。

受難週⑥-3 イエスの埋葬

該当箇所は、新約聖書の以下の箇所です。

(マタイによる福音書27章57-67節)

(マルコによる福音書15章42-47節)

(ルカによる福音書23章50-56節)

(ヨハネによる福音書19章31-42節)

イエス様が亡くなると、アリマタヤのヨセフという人が、遺体を引き取らせてほしいとピラトに願い出ました。

この人は高い地位を持つ議員でしたが、イエス様の隠れた弟子でした。

ピラトは、イエス様がたった6時間で亡くなったことに驚きます。

ふつう、十字架に架けられた人は、死ぬのにもっと時間がかかるからです。

ピラトは遺体を引き取ることを許可します。

ヨセフはイエス様の遺体に亜麻布を巻き、丁重に葬りました。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

次回は 復活(イースター) に続きます。

お楽しみに。

スポンサーリンク