[ai] 創世記43章 再びエジプトへ | ペパーミントパラダイス

[ai] 創世記43章 再びエジプトへ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日は創世記43章を読みました。

創世記43章

[ai] 創世記42章 兄たち、エジプトへ下るの続きです。

本章には

  • 再びエジプトへ
  • ※サブタイトルは新共同訳聖書より

について書かれていました。

以下は、受洗9ヶ月目のわたしが本章を読んだ感想です。

解釈には注釈、解説書、教会で得た知識等を総動員させていただいておりますが、聖書について詳しくお知りになりたい方は、お近くの教会へ行って、牧師先生に聞いてみて下さいね^ ^

再びエジプトへ

断固としてベニヤミンをエジプトに行かせなかったヤコブですが、一度持ち帰ってきた食糧が底を尽きました。

ユダに再三説得され、ベニヤミンをエジプトに連れて行くことに同意します。

ヤコブは乳香や蜜、樹脂、没薬、ピスタチオやアーモンドの実など、カナン地方の特産品や銀を、エジプトの大臣への贈り物として持たせました。

ベニヤミンを連れた息子たちは、再びエジプトに向かいます。

彼らがヨセフの前に現れると、ヨセフはベニヤミンが一緒であることを確認し、彼らを自分の家に招待しました。

兄弟たちは捕まって奴隷にされるのではないかと恐れましたが、ヨセフの家の執事は彼らを歓迎します。

水を与えて足を洗わせ、ろばにも餌を与えました。

昼になってヨセフが帰宅すると、兄弟たちに安否を尋ね、父の安否を尋ねます。

そして、ベニヤミンを見つめ、

「前に話していた末の弟はこれか」

と確認すると、

「わたしの子よ、神に恵みがお前にあるように」

と言いました。

ヨセフは弟懐かしさに涙が溢れそうになったので、急いでその場を離れました。

見えないところで泣いたあと、顔を洗って出てきて平静を装い、食事を出すように命じます。

兄弟たちは、一番上の兄から末の弟まで、年齢順に席に座らされたので、驚きました。

料理が配られると、ベニヤミンの分は他の誰の分よりもたくさん配られました。

※聖書には「5倍多かった」とありますが、本当に5倍も多く出されたのではなく、当時のエジプトでは、5が特に縁起のいい数字とされていたため、そのような表記になっているようです。

一同はぶどう酒を飲み、ヨセフと一緒に酒宴を楽しみました。

感想

わたしが読んでいる解説書では、ヨセフのことをしばしば、イエス・キリストとなぞらえて書かれています。

かつて自分を酷い目にあわせた兄弟たち。

今や立場は逆転し、復讐することも出来るのに、それをしないで歓迎することが出来るのは、まさに、赦すことが出来ているからですよね!

十字架に架かったイエス・キリストに似通ったものがあるというのも、分かる気がします。

兄弟たちは思わぬ歓迎を受けて戸惑いましたが、わたしたちにとってのイエス・キリストの無償の愛も、戸惑ってしまうような思わぬ歓迎ではないでしょうか?

でも、それくらい多くの恵みを与かる権利が与えられているにも関わらず、その価値に気付かなかったり、みすみすドブに捨てるような人が多いのは、とても勿体無いことです。

全ての人に一日もはやく、この福音が伝わり、福音を受け入れることの出来る日が来ますように。。。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

次回は [ai] 創世記44章 銀の杯〜ユダの嘆願 についてお届けいたします。

お楽しみに!

スポンサーリンク







[ai] 創世記43章 再びエジプトへ
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク