[ai] 創世記32章 エサウとの再会の準備〜ペヌエルでの格闘 | ペパーミントパラダイス

[ai] 創世記32章 エサウとの再会の準備〜ペヌエルでの格闘

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日は創世記32章を読みました。

創世記32章

[ai] 創世記31章 ヤコブの脱走〜ヤコブとラバンの契約 の続きです。

本章には

  • エサウとの再会の準備
  • ペヌエルでの格闘
  • ※サブタイトルは新共同訳聖書より

について書かれていました。

以下は、受洗8ヶ月目のわたしが本章を読んだ感想です。

解釈には聖書の注釈、解説書、教会で得た知識を用いていますが、詳しくお知りになりたい方は、お近くの教会へ行って、牧師先生に聞いてみて下さいね^ ^

エサウとの再会の準備

ヤコブが父イサクのいる故郷へ戻るにあたっては、兄エサウとの再会は避けては通れませんでした。

エサウの住むエドム地方へ差し掛かると、ヤコブはかつてエサウから祝福を奪い取った負い目から、彼を恐れます。

※祝福を奪い取った経緯については、下記箇所をご参照のこと。

[ai] 創世記27章 リベカの計略〜ヤコブの出発 | ペパーミントパラダイス

ヤコブがエサウに手紙を出すと、返事はなく、「400人の供を連れて迎えに来る」との報告があり、いよいよ自分を撃ちにかかるのかと恐れました。

悩んだ末、ヤコブは連れている人々や家畜の群れを二手に分けました。
片方が撃たれてももう片方が生き残れればいいという算段からです。

さらに、エサウへの贈り物を行列の先に行かせ、間隔を広げて多くあるように見せ、自分は最後に続くことのしました。

たくさんの贈り物でエサウの機嫌を良くしてから会えば、和解出来るだろうと考えたからです。

このあたりは実に抜け目がないなと思いますが、10-13節では、神様に「わたしはあなたの慈しみを受け取るに足らない者です」「わたしは兄が恐ろしいのです」と、必死に神様に告白しているので、神様に対する信頼、信仰は成長している模様。

それだけでも、事実上実家を追われて、伯父ラバンにこき使われて、その中で神様の恵みに預かったことに意味があったのではと思いました。

ペヌエルでの格闘

ヤコブは妻や供の者たちは皆橋を渡らせ、一人その場に残りました。

怖じ気づいて行かなかった、ととることも出来ますが、注釈によると、怖いから一人で神様にゆっくりお祈りする時間が必要だった、とありました。

すると一人の人がやってきて、ヤコブと格闘。

その人はヤコブに勝てないとみると、ヤコブの腿の関節を打って外します。

それでもヤコブがその人にしがみついて離さなかったので、その人は言いました。

「もう去らせてくれ。夜が明けてしまうから」
「いいえ、祝福してくださるまでは離しません」

「お前の名は何というのか?」
「ヤコブです」
「お前の名はもうヤコブではなく、イスラエルと呼ばれる。お前は神と人と戦って勝ったからだ」

その人はその場でヤコブを祝福しました。

ヤコブはこの場所を「ペヌエル(神の顔)」と名付けました。

いろいろ謎だらけな箇所ですが、まず、ヤコブと格闘した人。

神様とも神様の使いともとれますが、実は降誕する以前のイエス・キリストではないか?という説もあります。

旧約聖書では、神様と神様の使いが混同されている箇所もありますが、区別されている箇所もあるので、どちらなのかは定かではないですが、少なくとも、ただの人でないことは確かです。

はっきり神だと名乗ってもいるので、イエス・キリスト説もあながち間違いではないかもしれません。

そしてこの格闘は、祈りながらの葛藤も表しているとのこと。

戦った人がヤコブに勝てなかったのは、ヤコブが肉による努力をやめようとしないことを指しているのだとか。

だからその人は、肉体を支える場所であり、自我の象徴でもある腿の関節を撃ちました。

結果、ヤコブは神様に必死にしがみついて頼ることを覚えました。

感想

人として努力をすることが悪いこと、と言われると、違和感を感じる方も多いかと思います。

努力することは大事、一にも二にも努力でしょ、と、日本人なら特に、教えられて育ってますからね。

でも聖書では、神に頼らず、自分の力だけで何とかしようとすることは良くないことだと教えています。

頼らない、というのは、裏を返せば従わない、信じない、という意味にもなりますからね。

人として努力することは、間違いではありません。

むしろ、大切なことです。

でもそこに愛がなければ、神様の御心に従わない努力であれば、ただの自己満足に過ぎないのです。

このあたりは、言葉だけで説明するのはちょっと難しいのですが……

そのことが全ての人に伝わることを、祈るばかりです。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

次回は [ai] 創世記33章 エサウとの再会 についてお届けいたします。

お楽しみに!

スポンサーリンク







[ai] 創世記32章 エサウとの再会の準備〜ペヌエルでの格闘
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク