[ai] 創世記23章 サラの死と埋葬 | ペパーミントパラダイス

[ai] 創世記23章 サラの死と埋葬

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日は創世記23章を読みました。

創世記23章

[ai] 創世記22章 アドナイ・イルエの続きです。

本章には

  • サラの死と埋葬

について書かれていました。

以下は、受洗8ヶ月目のわたしが本章を読んだ感想と解釈です。

解釈には聖書の注釈、解説書、その他教会等で得た知識を総動員しておりますが、聖書についてお知りになりたい方は、お近くの教会へ行って、牧師先生に聞いてみて下さいね^ ^

サラの死と埋葬

アブラハムの妻、サラが、127歳で亡くなりました。

サラが亡くなったのは、カナン地方のヘブロンという所です。

アブラハムは、その土地に住んでいるヘト人たちに、サラを葬るための墓地を売ってくれるようお願いしました。

ヘトの人々は快く引き受けてくれたので、アブラハムは、エフロンという人が所有するマクペラの洞穴を銀400シェケルで購入し、サラを葬りました。

墓地を快く譲ってもらえたところから、アブラハムはこの土地の人々からは尊敬されていたことが伺えます。

でも、当時の相場で村1つが100〜1000シェケルだったので、墓地一つで400シェケルというのは、法外なお値段でした。

エフロンとしては、ちゃんとした土地を譲ったんだというアピールでもあったようですが、悪どい商魂でもあったようです。

でも、アブラハムは文句一つ言わず購入しました。

そのことによって、その後、この土地がアブラハムの子孫であるイスラエル民族のものになる第一歩となったようです。

感想

23章の2節には、

アブラハムは、サラのために胸を打ち、嘆き悲しんだ。(創世記23章2節・一部抜粋)

とあります。

そんな時にお墓の値段を吹っかけられたら、「このヤロー、人が悲しんでいる時に吹っかけやがって!」となるのがふつうだと思います。

でも、アブラハムは文句一つ言わずに購入し、その土地を堂々と自分のものにしました。

人格者のほどが伺えます。

同時に、サラのことを愛していたんだなと思いました。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

次回は [ai] 創世記24章 イサクとリベカの結婚 についてお届けいたします。

お楽しみに!

スポンサーリンク







[ai] 創世記23章 サラの死と埋葬
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク