[ai] 創世記17章 契約と割礼 | ペパーミントパラダイス

[ai] 創世記17章 契約と割礼

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日は創世記17章を読みました。

創世記17章 契約と割礼

[ai] 創世記16章 ハガルの逃亡と出産の続きです。

イシュマエルが13歳になった時、再び神様はアブラムの前に現われ、言われました。

「全能の神であるわたしに従い、全き者となりなさい」

また、[ai] 創世記15章 神の約束でされた「子孫を増やす」「アブラムと子孫にカナンの全土を与える」ことを再び告げられると、

「これからは『アブラム』ではなく『アブラハム』と名乗りなさい。妻のサライは『サラ』と名乗りなさい」

とお命じになりました。

アブラムは「高貴なる父」という意味ですが、アブラハムは「大いなる国民の父」という意味になります。

そして、サラに男の子が生まれることを告げると、

「あなたの家に生まれた男子は、奴隷も含め全員割礼(包皮を切り落とす儀式)を受けるように」

と命じられます。

アブラハムは神様にひれ伏しますが、この時すでに99歳。

内心「100歳の男に子供が生まれるだろうか。90歳のサラに子供が産めるだろうか」と疑っていたので

「イシュマエルが御前に生きながらえますように」

と答えました。

けれど神様は、

「イシュマエルのことも祝福するが、契約はあなたとサラの間に生まれる男の子との間に立てる。その子を『イサク』と名付けなさい」

と明言。

神様が語り終え、天に昇っていかれると、アブラハムはすぐに、息子のイシュマエルをはじめ、奴隷も含めた家の男子を全員集め、割礼を受けました。

※解釈は注釈付き聖書の注釈、解説書を参考にさせていただいております。聖書について詳しくお知りになりたい方は、ぜひお近くの教会へ行って、牧師先生に聞いてみて下さいね^ ^

感想

以後は、受洗7ヶ月目のわたしが、本章を読んで感じた感想です。

アブラハムが本当に子供が出来るのか疑ってしまうのは、無理もないと思います。

イシュマエルが生まれてから13年間も子供は出来ず、その間にどんどん年を取ってしまったわけですからね。

それこそ、創世記の初期の人達は千年近く生きていて、100歳を超えてもバリバリ子供をもうけていますが、ノアの箱舟以降、人間の寿命は100歳前後まで縮まり、現代とそう変わらなくなりました。

※ノアの箱舟については、下記記事をご参照のこと。

ふつうに考えて、100歳のおじいさんに子供が出来るとは思えません。

でも、神様は不可能を可能に変えることの出来るお方。
このあと、アブラハムとサラの間には、イサクという息子が生まれます。

「子供が生まれる」というお告げに関しては疑ってしまったアブラハムでしたが、「割礼を受けなさい」という命令には、すぐに従いました。

聖書には「その日のうちに」とあるので、本当にすぐだったんですね!

やはり信仰の祖。神様への従い度合いはハンパないです。

すぐに実行するのは、現代でも「成功者の秘訣」と言われること。

見習いたいですね。

以上が、わたくしペパーミントあいが個人的に感じた感想です。

次回は [ai] 創世記18章 イサクの誕生の予告とソドムのための執り成し についてお届けいたします。

お楽しみに!

スポンサーリンク







[ai] 創世記17章 契約と割礼
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク