[ai] 創世記11章 バベルの塔からアブラム(アブラハム)誕生まで | ペパーミントパラダイス

[ai] 創世記11章 バベルの塔からアブラム(アブラハム)誕生まで

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日は創世記11章を読みました。

創世記11章

本章には

  • 「バベルの塔」(1-9節)
  • 「セムの系図」(10-26節)
  • 「テラの系図」(27-32節)

について書かれていました。

以下は、私が本章を読んで個人的に感じた感想です。

あくまで受洗半年の新米クリスチャンの個人的な感想ですので、もっとよく聖書の教えを知りたい方は、ぜひお近くの教会へ行って、牧師先生に聞いてみて下さいね^ ^

バベルの塔

あらすじ

かつて、世界の言語は一つでした。

人間の技術は日々進化し、人々は石の代わりにレンガを、しっくいの代わりにアスファルトを用いるようになりました。

でも、技術を進化させた人間たちは調子に乗り、

「天まで届く高い塔を建て、そこに町を作ろう!」

と、言いだしました。

そのことが神様の逆鱗に触れ、神様は人々の使う言葉をバラバラにしました。

言葉での意思疎通が出来なくなった彼らは、塔を建てるのをやめました。

神が人々の言葉を混乱(バラル)させたため、その町の名は「バベル」と呼ばれました。

聖書の注釈によると、これは「ノアの箱舟」以前の話ではないかとのことです。

ノアの箱舟に関しては、下記記事をご参照のこと。

「天まで届く」というのは、神様のところまで届く、という意味になるので、神様に対する反逆と取ることが出来ます。

実際の聖書では「神への反逆」とはっきり書かれてはいませんでしたが、私は小さい頃、牧師の父から「この人たちは神様に戦いを挑もうとしたんだよ」と教わりました。

でも、その高すぎる志は、言語をバラバラにされるという盲点をつかれ、あっさり打ち破られました。

神様は時として、人間には思いも及ばない方法で働きかけられますが、これもまさにそうですよね!

当時の人々にとって、言語が一つなのは至極当たり前で、それが全く違うものになるだなんて、欠片も想像出来なかったと思います。

神の力の恐ろしさを思い知らされます。

でも、その神様が私の味方になってくれたら、と考えたら、これほど心強いことはありません!

セムの系図

10-26節には、ノアの息子の一人、セムの子孫について書かれています。

セムから数えて8代先にテラが生まれ、テラの息子がアブラム(のちのアブラハム)です。

このアブラハムが聖書ではとても重要な人物で、「信仰の祖」と呼ばれています。

イエス・キリスト以降の新約聖書の人々は、時として「我々はアブラハムの子孫だ」と誇らしげに語る場面が多いのですが、それくらい、後の世まで尊ばれる人なのです。

この次の章からは、いよいよ、そのアブラハムの物語がスタートします!

テラの系図

ここにはテラの息子や息子の奥さん、孫のこと細かな系図が書かれています。

人物名ばっかりで頭がなかなかついていかないですよね^^;

でも、その後も登場する人物が多いので、一度先の章を読んでから読み返してみると、ああ、こういう人物相関図だったのか、と歯車が噛み合うと思います!

(私はそうでした(苦笑))

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

次回は [ai] 創世記12章 アブラムの召命からエジプト滞在まで についてお届けいたします。

お楽しみに!

スポンサーリンク







[ai] 創世記11章 バベルの塔からアブラム(アブラハム)誕生まで
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク