[ai] 創世記 2章 〜人が独りでいるのは良くない〜 | ペパーミントパラダイス

[ai] 創世記 2章 〜人が独りでいるのは良くない〜

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日は創世記 2章を読みました。

スポンサーリンク




創世記 2章

本章は

「天地の創造」(1章続き、1-25節)

の、一段落のみ。(新共同訳聖書の段落名より)

神が6日間の天地創造のお仕事を終えて7日目に休まれたこと、

人(アダム)のあばら骨から、助け手となる女(エバ)を造られたことが書かれていました。

以下は、わたしが本章を読んだ感想です。

あくまでも受洗半年のわたしが思った感想ですので、聖書をよくお知りになりたい方は、お近くの教会へ行って、牧師先生に聞いてみて下さいね^ ^

人が独りでいるのは良くない

わたしが本章を読んで特に心に響いたのは、以下の箇所です。

「人が独りでいるのは良くない。彼に合う助ける者を造ろう」(創世記2章18節・一部抜粋)

神様はたくさんの植物や動物を造り、それを管理する人間・アダムを造られました。

その後、アダムのあばら骨から女・エバを造るのですが、その時に神が言われた言葉が「人が独りでいるのは良くない」というものでした。

「人という字は、人と人が支え合って出来ている」とはよく言いますが、それは、聖書の神様もおっしゃっていることだったのです。

神様は人間を、お互いに支えあうように造られました。

中には「自分は一人で生きていける!」という人もいるでしょうが、誰の恩恵も受けずに生きている人は、まずいません。

最近は「おひとりさま」という言葉を聞く機会も多く、一人でどこへでも行ける人、一人の方が気楽でいいよ、という人も多いです。

かくいうわたしも、そうです(笑)

でも、一人でいると何となく寂しい、という気持ちになった経験は、誰にでもあるのではないでしょうか?

「互いに愛し合いなさい」 という新約聖書のキリストの教えも、原点はここにあるのではと思います。

そのことをよく覚えて、今周りにいる人たちに感謝しながら生きたいですね^ ^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

次回は [ai] 創世記 3章 〜それを食べると神のようになることを神はご存知なのだ〜 についてお届けいたします。

お楽しみに!

スポンサーリンク







[ai] 創世記 2章 〜人が独りでいるのは良くない〜
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする