[ai] 創世記 1章 〜天地創造。それは極めて良かった〜 | ペパーミントパラダイス

[ai] 創世記 1章 〜天地創造。それは極めて良かった〜

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日は創世記 1章を読みました。

創世記 1章

昨日でヨハネの黙示録を読み終えたので、今日からは創世記に戻ります。

せっかくふりだしに戻ったので、一日1章の感想を、4年かかっても毎日続けるのを目標にしたいと思います!

そのことが主の愛と栄光を証しすることになることを期待して。。。

それが成し遂げられるよう、一緒にお祈りいただけると、なお嬉しいです^ ^

天地創造。それは極めて良かった

さて、今日読んだ創世記1章は、最初の天地創造の箇所。

初めに神様が「光あれ」と言われて光が出来、次に空が出来、海と地上が出来、次々色々なものを創造され、最後に人間が作られた、という創造の物語です。

ここから人類の長い歴史がスタートしていくのですが、この最初の章を読んで特に好きなのは、31節です。

神はお造りになったすべてのものをご覧になった。見よ、それは極めて良かった。夕べがあり、朝があった。第六の日である。(創世記1章31節)

「極めて良かった」って、良くないですか!?

神様が創造されたものの中には、人間も含まれます。

それは、わたしも、あなたも同じです。

神様はわたしのことも、あなたのことも「極めて良い」と思って下さっているのです。

それくらい素晴らしいものにつくって下さっているのです!

だから、自信を持っていいんです!

造り主である神様が極めて良いと言って下さったのだから、わたしは大丈夫だ。

そう胸を張って生きていきましょう!

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

次回は [ai] 創世記 2章 〜人が独りでいるのは良くない〜 についてお届けいたします。

お楽しみに!

スポンサーリンク







[ai] 創世記 1章  〜天地創造。それは極めて良かった〜
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク