[ai] 出エジプト記37章 掟の箱〜香をたく祭壇 | ペパーミントパラダイス

[ai] 出エジプト記37章 掟の箱〜香をたく祭壇

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日は出エジプト記37章を読みました。

出エジプト記37章

[ai] 出エジプト記36章 幕屋建設の準備〜天幕の入り口の幕 の続きです。

本章には

  • 掟の箱(1-5節)
  • 贖いの座(6-9節)
  • 机(10-16節)
  • 燭台(17-24節)
  • 香をたく祭壇(25-29節)
  • ※サブタイトルは新共同訳聖書より

について書かれていました。

以下は、受洗11ヶ月目のわたしが本章を読んだ感想です。

解釈には注釈、解説書、教会で得た知識等を総動員させていただいておりますが、聖書について詳しくお知りになりたい方は、お近くの教会へ行って、牧師先生に聞いてみて下さいね^ ^

掟の箱(1-5節)

掟の箱とは、モーセが神様から授かった十戒を収める箱のことです。

これを神様から召された職人・ベツァルエルが作ったと書かれています。

贖いの座(6-9節)

贖いの座とは、掟の箱のフタのことです。

でも、ただのフタではありません。

両端にケルビム(天使)の装飾があしらわれている、ここに動物の血を献げたりします。

この動物の血とは、人間が犯した罪を神様の前で贖うため、罪のない純粋な動物に犠牲になってもらって、その血を神様に献げたものです。

でもこれは、イエス・キリスト以前の旧約聖書の話。

イエス・キリストが十字架で罪を購った以後は、動物の献げ物は必要なくなりました。

机(10-16節)

この机は、パンやぶどう酒の献げ物を置く場所です。

燭台(17-24節)

燭台は、文字通りロウソクを立てる燭台です。

一本の主柱と6本の支柱の計7本のロウソクを立てていたようです。

アーモンドの額と節と花弁をあしらったり、いろいろと細かく書かれています。

香をたく祭壇(25-29節)

香をたく専用の祭壇です。

ここで、神様が指定した調合の香を香料師が混ぜ合わせて作って、宥めの香りとして献げたようです。

同じ配分の香りは、神様に献げる目的以外に使用してはいけません。

詳しくは [ai] 出エジプト記30章 香をたく祭壇〜香料 に書かれています。

感想

過去に神様が「幕屋はこう作りなさい」と命じられた箇所の、ほぼコピペと思われます(苦笑)

もっとも、旧約聖書が書かれた当時は、パソコンなんて存在しないので、コピー&ペーストなんて楽なことは出来ません。

若干言い回しが変わっていたり、省略されている箇所はあるようですが、丁寧に一字一句なぞって書いているはずなので、本当にご苦労なことです。

それなのにさっぱりイメージが沸かず、退屈してしまって、申し訳ない限りですm(._.)m

次に同じ箇所を読むときには、もう少し神様からのメッセージを受信出来るようになりたいです。。。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

次回は 出エジプト記38章 祭壇〜幕屋の建設材料の記録 についてお届けいたします。

お楽しみに!

スポンサーリンク







[ai] 出エジプト記37章 掟の箱〜香をたく祭壇
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク