[ai] 光の中で生きる喜び | ペパーミントパラダイス

[ai] 光の中で生きる喜び

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

2016年7月10日 草加神召教会リバーサイドチャペルの早朝礼拝に参加させていただきました。

草加神召キリスト教会リバーサイドチャペルの早朝礼拝

草加神召キリスト教会リバーサイドチャペルは、東京スカイツリーライン 松原団地駅より徒歩5-10分ほどのところにある教会です。

早朝礼拝は毎週日曜日 7時から8時頃まで行われている礼拝です。

詳しくは下記教会HPをご確認いただければと思います。

=== リバーサイドチャペル 草加神召キリスト教会 ===

メッセージ概要

この日のメッセージタイトルは「わたしたちの喜び」。

読んだ聖書の箇所は、以下の箇所です。

1 初めからあったもの、私たちが聞いたもの、目で見たもの、じっと見、また手でさわったもの、すなわち、いのちのことばについて、
2 このいのちが現われ、私たちはそれを見たので、そのあかしをし、あなたがたにこの永遠のいのちを伝えます。すなわち、御父とともにあって、私たちに現われた永遠のいのちです。
3 私たちの見たこと、聞いたことを、あなたがたにも伝えるのは、あなたがたも私たちと交わりを持つようになるためです。私たちの交わりとは、御父および御子イエス・キリストとの交わりです。
4 私たちがこれらのことを書き送るのは、私たちの喜びが全きものとなるためです。
5 神は光であって、神のうちには暗いところが少しもない。これが、私たちがキリストから聞いて、あなたがたに伝える知らせです。
6 もし私たちが、神との交わりがあると言っていながら、しかもやみの中を歩んでいるなら、私たちは偽りを言っているのであって、真理を行なってはいません。
7 しかし、もし神が光の中におられるように、私たちも光の中を歩んでいるなら、私たちは互いに交わりを保ち、御子イエスの血はすべての罪から私たちを清めます。
8 もし、罪はないと言うなら、私たちは自分を欺いており、真理は私たちのうちにありません。
9 もし、私たちが自分の罪を言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちを清めてくださいます。
10 もし、罪を犯していないと言うなら、私たちは神を偽り者とするのです。神のみことばは私たちのうちにありません。
(ヨハネの手紙一 1章1-10節)

世間一般に言われている喜び

幸せについて、こんな説があるそうです。

一日幸せになるには、床屋や美容室へ行く。
一週間幸せになるには、車を買う。
一ヶ月幸せになるには、結婚する。
一年幸せになるには、家を買う。
一生幸せになるには、正直でいること。

髪を切って一日幸せな気持ちになれるのは、何となく納得です。

でも、車を買っても一週間で慣れてしまう、
結婚しても幸せなのは最初の一ヶ月だけ、
家を買っても一年で慣れてしまうのかと思うと、
ちょっと虚しい気がしますねm(_ _)m

最後の「一生幸せになるには、正直でいること」は、深い気がしました。

嘘をつき続けながら生きる、自分を偽りながら生きる、って、なんだかんだいって、しんどいですもん。

これって、案外、聖書の教えにも通じるような気がしました。

クリスチャンにとっての喜び

この日メッセージして下さった方は、クリスチャンならではの喜びを、以下のようにおっしゃっていました。

  1. 神様との交わりが持てる
  2. 光の中を生きることが出来る
  3. 罪の赦し

その通りだと思います。

でも、個人的には、「罪が赦されたから、神様との交わることが出来て、光の中を生きることが出来る」んじゃないかと思います。

なので、以下はちょっと順番を入れ替えて、わたしなりの解釈をお話しさせていただきますね^ ^

罪の赦し

最初の人間であるアダムとエバが神様に背き、罪を犯したため、以後生まれてくる人間は、生まれながらにして罪の性質を持って生まれてきます。

でも、イエス・キリストが十字架に架かり、私たちの代わりに神様の裁きを受けて下さったおかげで、私たちの罪は赦されました。

このことは、何物にも代えがたい感謝であり、喜びです。

人が悪いことをした時の態度は、2つに分かれます。

一つは「自分は悪くない」と、一切の罪を認めない人。

もう一つは、罪を正直に告白し、謝る人です。

前者の人の中には、真理はありません。
嘘を言って騙す、偽ることは、悪魔の性質。
そのことによって、悪魔は私たちを捕らえてきます。

また、罪を認めないことは、神様を偽りものにすることであると、聖書にはあります。

神様を偽りものにするということは、神様に敵対すること。神様はその人とともにはおられず、罪はますます重くなります。

罪を握り、悪魔にとらえられることは、その人にとって苦しいことです。

イエス様は、私たちがそのような状態にあることを望んではおられません。

正直に告白し、悔い改めれば、神様は罪を赦し、清めて下さいます。

相手に直接告白することは出来なくても、人には話せなくても、まずは、神様に告白してみて下さい。

きっと気持ちが楽になりますよ^ ^

神との交わり

私たちは私たちの罪のゆえ、造り主である神様との関係が断絶されていましたが、イエス・キリストの十字架の贖いにより、再び神様と交わることが出来るようになりました。

神様は目には見えず、直接肉声でお話できるお方ではないので、コミュニケーション手段は専ら、賛美と祈りと御言葉(みことば=聖書)です。

でも、神様は霊なるお方なので、そこに必ず存在して、語りかけて下さいます。

そのことによって、私はとても強められます。

光の中を生きる

罪を赦され、神様との関係が回復することによって、私たちは光の中を歩くことが出来ます。

光の中を生きることは、正直に生きること、正しく歩むこと。

逆に闇の中を生きることは、殺したり騙したり、悪いことをして生きることと言えると思います。

聖書には「もし私たちが、神との交わりがあると言っていながら、しかもやみの中を歩んでいるなら、私たちは偽りを言っているのであって、真理を行なってはいません。」とあります。

あるアメリカの大統領が、演説で「キリストが私を変えた!」と話していたけれど、彼のやったことは、数々の戦争でした。

その人がイエス様を信じ、従って光の中を生きているようには、とても思えません。

彼は神様のことを本当は分かっていないから、自分のことも分からないんじゃないかと思います。

本当に神様に従って生きるなら、悪いことは出来ないはずです。

神様がどのような方であるか分かっていれば、出来るはずはないのです。

闇の中を生きることが本当はしんどいことだと、気付かないはずはないのです。

感想

そうは言っても、クリスチャンになったからといって、以後は100%罪を犯さないで生きられる人はいません。

「私はイエス様を信じたから以後は一切の罪を犯してはいない」という人がいたら、教えを理解していないか、思い上がっている人と思っていいでしょう。

罪を告白しないこと=罪ですからね。

この世の一生をかけて、罪を告白し続け、取り除き続けてもらわないといけないのだと思います。

罪は見なかったことにして、誤魔化していた方が楽です。

でも、神様に正直に告白し、悔い改めれば、もっと楽になることが出来ます。

イエス様は、そのように望んでおられるはずです。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







[ai] 光の中で生きる喜び
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク