[ai] レビ記2章 穀物の献げ物 | ペパーミントパラダイス

[ai] レビ記2章 穀物の献げ物

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日はレビ記2章を読みました。

レビ記2章

[ai] レビ記1章 焼き尽くす献げ物 の続きです。

本章には

  • 穀物の献げ物(1-16節)
  • ※サブタイトルは新共同訳聖書より

について書かれていました。

以下は、受洗1年目のわたしが本章を読んだ感想です。

解釈には注釈、解説書、教会で得た知識等を総動員させていただいておりますが、聖書について詳しくお知りになりたい方は、お近くの教会へ行って、牧師先生に聞いてみて下さいね^ ^

穀物の献げ物(1-16節)

幕屋の祭壇に献げる、穀物の献げ物についての決まりが書かれていました。

穀物の献げ物は、小麦粉にオリーブ油を注ぎ、乳香を添えて 献げなければならない、とのこと。

これは麦をそのままではなく、砕いて小麦粉にすることから、神様の前に心を砕くことを意味します。

オリーブ油を注ぐのは聖霊による油注ぎ。
心を砕いても、聖霊の働きがなければ、何もすることは出来ません。

聖霊による油注ぎがあって初めて、神様の香りを発することが出来ます。

わたしたちのさりげない行動が、さりげなく神様の香りを発する。

そのことが、直接言葉で伝道することはしなくても、神様の愛と栄光を証しすることに繋がるのです。

小麦粉はパンにして献げてもいいけれど、酵母や蜜の類を入れてはいけないと書かれています。

いずれも発酵作用があり、腐敗を意味するからだとか。

また、必ず塩をかけるようにとも書いてありました。

塩は腐敗を防ぐものだからだそうです。

こうした規定にも、神学的な意味が隠されているのですね。

感想・まとめ

レビ記は決まりごとが多く書かれている箇所と聞いたので、退屈するかと思いましたが、今のところ、意外と楽しく読めています(笑)

ただ、解説書がないと、何のことだかさっぱりな箇所では、あるかもしれません(^_^;)

注釈や解説書は、聖書を読む上で本当に助かります>_<

家に解説書や注釈付きの聖書があることに、感謝ですvv

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

次回は レビ記3章 和解の献げ物 についてお届けいたします。

お楽しみに!

スポンサーリンク







[ai] レビ記2章 穀物の献げ物
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク