[ai] レビ記12章 出産についての規定 | ペパーミントパラダイス

[ai] レビ記12章 出産についての規定

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日はレビ記12章を読みました。

レビ記12章

[ai] レビ記11章 清いものと汚れたものに関する規定の続きです。

本章には

  • 出産についての規定(1-8節)
  • ※サブタイトルは新共同訳聖書より

について書かれていました。

以下は、受洗1年目のわたしが本章を読んだ感想です。

解釈には注釈、解説書、教会で得た知識等を総動員させていただいておりますが、聖書について詳しくお知りになりたい方は、お近くの教会へ行って、牧師先生に聞いてみて下さいね^ ^

出産についての規定(1-8節)

文字通り、出産についての規定が書かれていました。

男児を出産した産婦は7日間汚れるため、33日間家から出てはいけない。
男児は生まれて8日目に割礼を施す。
女児を出産した産婦は14日間汚れるため、66日間外へ出てはいけない。

※汚れは、出血による汚れとのこと。

いずれも清めの期間が終わったら、産婦は1歳の雄羊一匹を焼き尽くす献げ物とし、家鳩または山鳩一羽を贖罪の献げ物として献げる。

貧しくて羊に手が届かなければ、二羽の家鳩もしくは二羽の山鳩を携え、一羽を焼き尽くす献げ物、もう一羽を贖罪の献げ物として献げる。

祭司がこれら産婦のための贖いの儀式を行うことで、彼女は清められると書かれています。

※焼き尽くす献げ物と贖罪の献げ物については、下記記事をご参照のこと。

  • [ai] レビ記1章 焼き尽くす献げ物
  • [ai] レビ記4章 贖罪の献げ物
  • [ai] レビ記5章 贖罪の献げ物〜賠償の献げ物
  • 感想・まとめ

    子供を産んだら汚れる、なんて書かれると、何か差別っぽく感じてしまいますが、出産後は体を休め、外の菌に触れないようにする配慮であったように思えます。

    男児と女児で清めの期間が違う理由は、謎ですが……
    (一説によると、女児の方が出産の負担が大きいと考えられていたから、とのこと)

    何にせよ、出産直後は体を休めないといけないですよね。

    日本では昔は早死にする人が多かったようですが、その原因の一つが、出産後も通常通り動き回ってしまっていたことがあるようです。

    出産後は休むように、とは、大昔に書かれた旧約聖書でも教えられていることなのに、日本では比較的近代まで知られていなかったことは、何だか不思議に感じてなりません。

    それだけ、神様とかけ離れた国であった、ということなのでしょうか?

    だとしたら、今いる日本のクリスチャンは、もっと頑張れるように祈らないといけませんね。

    以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

    次回は [ai] レビ記13章 皮膚病 についてお届けいたします。

    お楽しみに!

    スポンサーリンク







    [ai] レビ記12章 出産についての規定
    この記事をお届けした
    ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
    いいねしてチェックしよう!

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    スポンサーリンク