[ai] ヨシュア記16章 ヨセフの一族〜エフライム | ペパーミントパラダイス

[ai] ヨシュア記16章 ヨセフの一族〜エフライム

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日はヨシュア記16章を読みました。

ヨシュア記16章

[ai] ヨシュア記15章 ユダ族の境界線〜ユダ族の町々 の続きです。

本章には

  • ヨセフの一族(1-3節)
  • エフライム(4-10節)
  • ※サブタイトルは新共同訳聖書より

について書かれていました。

以下は、受洗1年8ヶ月目のわたしが本章を読んだ感想です。

解釈には注釈、解説書、教会で得た知識等を総動員させていただいておりますが、聖書について詳しくお知りになりたい方は、お近くの教会へ行って、牧師先生に聞いてみて下さいね^ ^

ヨセフの一族(1-3節)

マナセ族とエフライム族を合わせた、ヨセフ族に与えられた土地の場所について書かれています。

エフライム(4-10節)

ヨセフの一族の中の、エフライム族のみの土地について書かれています。

エフライム族の町の中に、一部、マナセ族の土地もあったようです。

最後には

彼らがゲゼルに住むカナン人を追い出さなかったので、カナン人はエフライムと共にそこに住んで今日に至っている。ただし、彼らは強制労働に服している。(10節)

という、やや嫌な予感のする記述があります。

参考文献

以下の解説書を参考にさせていただきました。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

次回は [ai] ヨシュア記17章 マナセ族〜ヨセフの一族の開拓地 についてお届けいたします。

お楽しみに!

スポンサーリンク







[ai] ヨシュア記16章 ヨセフの一族〜エフライム
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク