[ai] ヨシュア記13章 各部族の領地〜マナセの半部族 | ペパーミントパラダイス

[ai] ヨシュア記13章 各部族の領地〜マナセの半部族

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日はヨシュア記13章を読みました。

ヨシュア記13章

[ai] ヨシュア記12章 ヨルダン川の東側で征服された王たち〜ヨルダン川の西側で征服された王たち の続きです。

本章には

  • 各部族の領地(1-14節)
  • ルベン族(15-23節)
  • ガド族(24-28節)
  • マナセの半部族(29-33節)
  • ※サブタイトルは新共同訳聖書より

について書かれていました。

以下は、受洗1年8ヶ月目のわたしが本章を読んだ感想です。

解釈には注釈、解説書、教会で得た知識等を総動員させていただいておりますが、聖書について詳しくお知りになりたい方は、お近くの教会へ行って、牧師先生に聞いてみて下さいね^ ^

各部族の領地(1-14節)

ヨシュアが年をとって老人になった時、神様はヨシュアに言われました。

「あなたは年を重ねて老人となったが、占領すべき土地はまだたくさん残っている。(中略)わたしはイスラエルの人々のために、彼らすべてを追い払う。あなたはただ、わたしの銘じた通り、それをイスラエルの嗣業の土地として配分しなさい」(1-7節)

中略の部分には具体的な地名が書かれていました。

他に、ルベン族、ガド族、マナセの半部族にはモーセがヨルダン川東側の土地を与えたこと、レビ族には嗣業の土地はないことなどが説明されていました。

ストーリー展開としては、神様が上記の台詞をヨシュアに言っただけです。

ルベン族(15-23節)

ルベン族に与えられた土地について書かれています。

ルベン族の土地は、モーセの時代に占領した、ヨルダン川の東側の土地。

ヘシュボンの王・シホンの国のほぼ全域に当たるようです。

ガド族(24-28節)

ガド族に与えられた土地について書かれています。

ガド族の土地は、ヘシュボンの一部と、ヘシュボンとバシャンの間のギルアドの一帯、ギルアドに隣接しているアンモン人の国の一部です。

モーセの時代に与えられた、ヨルダン川の東側の土地です。

マナセの半部族(29-33節)

マナセの半部族に与えられた土地について書かれています。

マナセの半部族に与えられた土地は、オグの王国・バシャンの全域と、ギルアド地方の一部。

モーセの時代に与えられた、ヨルダン川東側の土地です。

感想

ほとんど土地の説明ばかりで、あまり話が進まない章です(苦笑)

進んだのは、ヨシュアが高齢になったことだけww

でも、「高齢になっても手に入れるべき土地はたくさんある」と言われたことに、意味があるのだそうです。

前の章で、土地を占領してそこの先住民を聖絶することは、心の中の罪と戦って聖絶し、神様に近づいていくことであると書きました。

そう考えたら、いくつになっても学ぶことはある、罪人である自分との戦いは続く、ということですね。

……なんだかはてしないですが、でも、神様は6節で「わたしはイスラエルの人々のために、彼らすべてを追い払う」と言ってくれています。

「あなたのために、罪を十字架とともに葬り去る」と、言い換えることが出来ると思います。

日々罪に死に、御言葉に生きることが大切だと思いました。

参考文献

以下の解説書を参考にさせていただきました。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

次回は [ai] ヨシュア記14章 ヨルダン川の西側〜カレブ についてお届けいたします。

お楽しみに!

スポンサーリンク







[ai] ヨシュア記13章 各部族の領地〜マナセの半部族
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク