[ai] ヨシュア記12章 ヨルダン川の東側で征服された王たち〜ヨルダン川の西側で征服された王たち | ペパーミントパラダイス

[ai] ヨシュア記12章 ヨルダン川の東側で征服された王たち〜ヨルダン川の西側で征服された王たち

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日はヨシュア記12章を読みました。

ヨシュア記12章

[ai] ヨシュア記11章 ハツォルと同盟国の征服〜占領地 の続きです。

本章には

  • ヨルダン川の東側で征服された王たち(1-6節)
  • ヨルダン川の西側で征服された王たち(7-24節)
  • ※サブタイトルは新共同訳聖書より

について書かれていました。

以下は、受洗1年8ヶ月目のわたしが本章を読んだ感想です。

解釈には注釈、解説書、教会で得た知識等を総動員させていただいておりますが、聖書について詳しくお知りになりたい方は、お近くの教会へ行って、牧師先生に聞いてみて下さいね^ ^

ヨルダン川の東側で征服された王たち(1-6節)

ヨルダン川の東側は、[ai] ヨシュア記3章 ヨルダン川を渡る以前、モーセの時代に占領した土地です。

アモリ人の王・シホンの王国・ヘシュボンと、巨人の生き残りであったオグの王国・バシャンがこれに当たります。

これらの土地は、ルベン族とガド族、マナセの半部族に与えられました。

ヨルダン川の西側で征服された王たち(7-24節)

ヨルダン川の西側は、[ai] ヨシュア記3章 ヨルダン川を渡る以降、ヨシュアの占領した土地です。

ヨシュア記のこれまでの章に書かれているエリコやアイ、エルサレム、ティルツァなどがこれに当たります。

エリコ、アイ、ティルツァなど、31の町、31人の王を征服しました。

西側のシホンとオグと合計すると、33になります。

感想

占領した国と王の名前が羅列された箇条書きのような箇所ですが、これはこれで、状況報告以外にも意味はあるようです。

イエス・キリストを信じ、神の子となった私たちは、日々、聖なる心で罪人である自分を聖絶していくことで、生まれ変わっていくことが大切であることを、教えているのだそうです。

解説書に、そのように書いてありました。

これは聖書を読んだだけでは考えつきませんでした。

やはり初めのうちは、色々と手ほどきを受けないと、御言葉を理解するのは難しいですね。。。

ゆえに、教える側の責任は重大。

モーセほどの立場の指導者ともなると、より罪は重くなるのだなと思いました。

間違った模範を見せたり、間違った解釈を教えては、信仰を抱いたばかりの人を惑わすことになりますからね>_<

自分は惑わされることなく、惑わす側に回ってしまうこともないよう、日々御言葉を学び、硬く立っていきたいと思いました。

参考文献

以下の解説書を参考にさせていただきました。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

次回は [ai] ヨシュア記13章 各部族の領地〜マナセの半部族 についてお届けいたします。

お楽しみに!

スポンサーリンク







[ai] ヨシュア記12章 ヨルダン川の東側で征服された王たち〜ヨルダン川の西側で征服された王たち
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク