[ai] ヤコブの手紙 5章 〜富んでいる人たちの末路は〜 | ペパーミントパラダイス

[ai] ヤコブの手紙 5章 〜富んでいる人たちの末路は〜

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日はヤコブの手紙5章を読みました。

ヤコブの手紙 5章

本章は

「富んでいる人たちに対して」(1-6節)
「忍耐と祈り」(7-20節)

の、二段落構成でした。(※新共同訳聖書の段落より)

以下は本章を初見した感想です。専門家の「解説」ではなく、一般人の「感想」です。
聖書をお知りになりたい方は、お近くの教会へ行って、牧師先生に聞いてみて下さいね^ ^

富んでいる人たちに対して

わたしが本章を読んで強烈に印象に残ったのは、前半の段落に書かれていた全文です。

1 富んでいる人たち、よく聞きなさい。自分にふりかかってくる不幸を思って、泣きわめきなさい。 2 あなたがたの富は朽ち果て、衣服には虫が付き、 3 金銭もさびてしまいます。このさびこそが、あなたがたの罪の証拠となり、あなたがたの肉を火のように食い尽くすでしょう。あなたがたは、この終わりの時のために宝を蓄えたのでした。 4 御覧なさい。畑を刈り入れた労働者にあなたがたが支払わなかった賃金が、叫び声をあげています。刈り入れをした人々の叫びは、万軍の主の耳に達しました。 5 あなたがたは、地上でぜいたくに暮らして、快楽にふけり、屠られる日に備え、自分の心を太らせ、 6 正しい人を罪に定めて、殺した。その人は、あなたがたに抵抗していません。(ヤコブの手紙5章1-6節)

これが自分に向けて言われているのだとしたら、何と恐ろしいことでしょう!

幸いなことに、わたしもわたしの実家も、富裕層と呼ぶには程遠い収入だし、賃金を支払う立場ではないので、まず当てはまらないと思っていますが、セレブの生活に憧れる気持ちはあるので、全く他人事とは言い切れません。

ある日突然、奇跡が起こって急に大金を手にするようなことがあったら、ブレずにいられる自信もありません。

実際、今の日本では富裕層とそうでない層との格差は広がっています。

ブラック企業がたくさん存在し、働いた分の正当な報酬を得られていない労働者がたくさん居ます。

経営側は労働者に支払うべき賃金を搾取し、潤っていると聞きます。

でも、このような搾取して潤う側の人たちのことを、聖書は「屠られる日に備え、自分の心を太らせ」ていると警告しています。

出来ることなら、この方達が地上で生きているうちに何かしら痛い目にあって、心を入れ替えて、労働者に正当な報酬を支払うようになってほしいです。

潤った分は、自分たちの快楽のために使うのではなく、働いてくれる労働者のため、社会貢献のために還元してほしいです。

願わくば、主にお返しして、主の御心に叶うことのために使ってほしいです。

全てのブラック企業の経営者がそのようになってくれることを、祈るばかりです。。。

スポンサーリンク







[ai] ヤコブの手紙  5章  〜富んでいる人たちの末路は〜
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク