[ai] ヤコブの手紙 3章 〜舌を制御することと上からの知恵〜 | ペパーミントパラダイス

[ai] ヤコブの手紙 3章 〜舌を制御することと上からの知恵〜

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日はヤコブの手紙 3章を読みました。

スポンサーリンク




ヤコブの手紙 3章

本章は

「舌を制御する」(1-12節)
「上からの知恵」(13-18節)

の、二段落構成でした。(※新共同訳聖書の段落分けより)

以下は本章を初めて読んだ感想です。専門家の「解説」ではなく、一般人の「感想」です。聖書をお知りになりたい方は、お近くの教会へ行って、牧師先生に聞いてみて下さいね^ ^

舌を制御する

まず前半の段落では、「舌を制御する」ことについて書かれていました。

「口は災いの元」ということわざがありますが、聖書でも「舌は小さな器官ですが、大言壮語する(5節)」とあり、また「舌を制御できる人は一人もいません。舌は、疲れを知らない悪で、死をもたらす毒に満ちています(8節)」とあります。

同じ口で神を賛美しながら、「あいつ死ねばいいのに」とか、毒も吐くんですよねm(_ _)m

10節に「こんなことがあってはならない」と書いてありますが、さきほど引用した5節には「制御できる人は一人もいない」とあり……

じゃあどうすればいいんだ!?という感じなのですが、残念ながら、その具体的な解決方法はこの章には書いてありませんでした(^◇^;)

これはわたしたち罪人にとって、永遠の課題のようです。。。

悪い言葉を吐いてしまわないように祈るとともに、吐いてしまったら、素直にイエス様の前で謝って悔い改めて赦してもらうより他、ないのだろうなと思います。

上からの知恵

後半の段落には「上からの知恵」について書いてありました。

妬み深く利己的な心が伴った知恵はこの世のもの、悪魔から出たもので、「純真で、温和で、優しく、従順で、憐れみと良い実に満ちていて、偏見もなく偽善的でもない知恵」こそ、上からの知恵、神様から与えられたらものだと書いてあります。

「知恵があり分別がある者は、知恵にふさわしい柔和な行いを、立派な生き方によって示しなさい(13節 ※意訳)」とのこと。

そのような生き方の出来る人間になりたいです。

なれるようお祈りしようと思います!

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

スポンサーリンク







[ai] ヤコブの手紙  3章  〜舌を制御することと上からの知恵〜
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする