[ai] ヤコブの手紙2章 〜行いの伴わない信仰は死んだもの〜 | ペパーミントパラダイス

[ai] ヤコブの手紙2章 〜行いの伴わない信仰は死んだもの〜

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日はヤコブの手紙 2章を読みました。

ヤコブの手紙 2章

本章は

「人を分け隔てしてはならない」(1-13節)
「行いを欠く信仰は死んだもの」(14-26節)

の、二段落構成でした。(※新共同訳聖書の段落分けより)

以下は本章を初めて読んだ感想です。あくまでも一般人の感想ですので、聖書をお知りになりたい方は、お近くの教会へ行って、牧師先生に聞いてみて下さいね^ ^

行いの伴わない信仰は死んだもの

わたしが本章を読んで大事と感じたのは、以下の箇所です。

魂のない肉体が死んだものであるように、行いの伴わない信仰は死んだものです。(ヤコブの手紙2章26節)

1章にも「御言葉を聞くだけで行わない者がいれば、その人は生まれつきの顔を鏡に映して眺める人に似ています(23節)」とありましたが、2章ではさらに厳しく、死んだものとまで言われています。

当たり前のことですが、素晴らしい教えを聞くだけで実行しなければ、いずれ忘れてしまうし、何の益にもなりません。

信仰も同様。いや、本当に信じているのなら、自ずと諸々の場面において、発揮されていくものだと思うのです。

「うん、うん、神様の教えは素晴らしいねぇ」と聞き流しているだけでは、本当に信じたことにはならないのです。

厳しいことだけれど、信じたら従わないといけないのです。

「イエス様は隣人を自分のように愛せよとおっしゃられたけれど、わたしはどうしてもあの人のことだけは死ぬほど嫌いで愛せない!」という場面に出くわしたのなら、お祈りしてみたらいいと思います。

祈ればイエス様は必ず聞いて下さるし、答えを下さったら、ぜひそれに従ってみて下さい。必ずあなたにとって益になるはずです。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

スポンサーリンク







[ai] ヤコブの手紙2章  〜行いの伴わない信仰は死んだもの〜
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク