[ai] テモテへの手紙二 3章 〜聖書は人を教え、戒め、誤りを正し、義に導く〜 | ペパーミントパラダイス

[ai] テモテへの手紙二 3章 〜聖書は人を教え、戒め、誤りを正し、義に導く〜

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日はテモテへの手紙二 3章を読みました。

テモテへの手紙二 3章

本章は

「終わりの時の人々の有様」(1-9節)
「最後の勧め」(10-17節)

の、二段落構成になっていました。

※聖書は新共同訳聖書を読んでいます。

以下は本章を初見した感想です。

専門家の「解説」ではなく、あくまでも一般人の「感想」です。きちんと聖書をお知りになりたい方は、お近くの教会へ行って、牧師先生に聞いてみて下さいね^ ^

聖書は人を義に導く

わたしが本章の中で特に大事と感じたのは、以下の箇所です。

聖書はすべて神の霊の導きの下に書かれ、人を教え、戒め、誤りを正し、義に導く訓練をするうえに有益です。(テモテへの手紙二 3章16節)

人間の言葉でも名言はたくさんありますが、聖書に書いてあることは本当に説得力があります。

わたしはクリスチャン家庭に生まれ、小・中学校もキリスト教の学校に通っていたので、子供の頃からある程度は聖書に親しんでいました。

でも、一貫して聖書を通読したことはなく、知識は部分的でした。

と、いうか、今もまさに通読の真っ最中なので、部分的です(^_^;)

ただ、真面目に聖書通読を始めて、部分的にしか知らなかった頃は見えなかったことが見えてきたり、気付かされたことは多々あります。

特に福音書に書かれているイエス・キリストご自身の言葉は、とても権威があるように感じました。

自分のダメな部分に気付かされ、聖書にもこう書いてあることだし、気を付けようと思うことも度々ありました。

これからもそういうこと、たくさん出てくると思います。

「御言葉は霊の糧」と、以前、京都グレースバイブルチャーチ 関牧師ご夫妻の東京バイブルクラスで習いましたが、本当にその通りだと思います。

赤ちゃんが毎日お母さんのお乳を飲まないと成長出来ないように、毎日ごはんを食べないと栄養失調になってしまうように、毎日聖書の御言葉を心に入れないと、弱っていってしまうんですよね。。。

特にクリスチャンになりたての赤ちゃんクリスチャンの方には、聖書通読をする習慣を身に付けて、毎日御言葉に触れる機会を作ってほしいです。

わたしも含めて(苦笑)

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

スポンサーリンク







[ai] テモテへの手紙二 3章 〜聖書は人を教え、戒め、誤りを正し、義に導く〜
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク