[ai] テモテへの手紙一 5章 〜いいことも悪いことも、いずれ明らかになる〜 | ペパーミントパラダイス

[ai] テモテへの手紙一 5章 〜いいことも悪いことも、いずれ明らかになる〜

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日はテモテへの手紙一 5章を読みました。

テモテへの手紙一 5章

本章は

「教会の人々に対して」(1-24節)

の、一段落構成でした。

※新共同訳聖書を読んでいます。

以下は本章を初見した感想です。

あくまでも素人の感想ですので、きちんと聖書をお知りになりたい方は、お近くの教会へ行って、牧師先生に聞いてみて下さい^ ^

いいことも悪いことも、いずれ明らかになる

わたしが本章を読んでなるほどなー、と思ったのは、以下の箇所です。

ある人々の罪は明白でたちまち裁かれますが、ほかの人々の罪は後になって明らかになります。同じように、良い行いも明白です。そうでない場合でも、隠れたままのことはありません。(テモテへの手紙一 5章24-25節)

そう思ったら、悪いことは出来ないですね。

地道でなかなか報われなくても、真面目にコツコツと善行を積み上げて生きていきたいです。

良い行いは天国へ宝を積むことのなり、悪い行いは、終わりの日の裁きの対象になる。

先を見据えて考えたら、やっぱり良心に従って生きていった方がいいと思います。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

スポンサーリンク







[ai] テモテへの手紙一 5章 〜いいことも悪いことも、いずれ明らかになる〜
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク